平日コンテンツ

『次々に頂を飛び越えた幸福の赤い鳥』


【2010年 秋華賞】

 牝馬としては史上最速でG1競走5勝を勝ち取ったアパパネ。2年連続してチャンピオンサイアーに輝き、ディープインパクトの登場後も勝ち鞍を伸ばし続けるキングカメハメハの産駒のなかでも、代表的な名牝である。母ソルティビッド(その父ソルトレイク)は3勝をマーク。フェアリーSを2着した快速馬だった。
 早くからたくましいスタイルを誇り、2歳7月の福島(芝1800m)でデビュー。初戦は3着に敗れたものの、4か月間のリフレッシュを経て、さらにたくましさを増す。調教でも絶好の動きを見せるようになった。10月の東京(芝1600m)を楽々と勝ち上がり、赤松賞はレコードタイムで豪快な差し切りを決めた。大外枠を引きながら、巧みに立ち回って脚をため、阪神JFも鮮やかに突き抜ける。
 チューリップ賞は2着だったが、いざG1となればきっちり巻き返すのが同馬の持ち味。好位からラストでぐいと伸び、堂々と桜花賞を制覇した。
「関西圏で勝負するのに障害となる輸送の問題をクリアしようと、早めに栗東トレセンへ移動させたのが良かった。美浦所属馬に高いハードルがあるのなら、西の馬にしちゃえばいいと思ってね。実際に栗東で調教してみれば、施設面や構造など、合理的にできていると感心することも確かだが、それを東西格差の言い訳にしたくはない。こちらの実状に合わせ、創意工夫していかないと。力を出しやすいホームグラウンドで出走するときも、なんとか意地を見せなきゃと、燃えるものがあったよ」
 と、国枝栄調教師は振り返る。
 同着だったとはいえ、オークスも優勝。秋シーズンはローズS(4着)の前週に栗東へ。すっかり慣れた環境のなか、3つ目の頂を目指して、しっかりと負荷がかけられた。内回りコースの外枠を引き、前半は後方の位置取りとなったが、勝負どころから進出を開始。長くトップスピードを持続させ、力強く突き抜けた。
「トライアルで負けたとはいえ、勝とうという気持ちが前面に出ていた。悲観はしていなかった。狙い通り、絶好のデキで送り出せたね。重圧から解放され、こちらはほっとしたというのが正直な心境だったけど、この馬の一番いいところは精神的に落ち着いていること。我々に『任せておけ、バタバタするな』と言っているよう。ほんと頼もしい。こんな喜びを味わえるなんて、調教師冥利に尽きる」
 エリザベス女王杯も3着に踏み止まり、翌春に夢をつなげる。マイラーズC(4着)より再始動。ヴィクトリアマイルに駒を進めた。1番人気を譲ったブエナビスタが猛追したが、並びかけられても抜群の勝負根性を発揮。着差はクビではあったが、危なげない勝利だった。
「1年前のオークスより20キロも体重が増えていて、さらに成長したのがすごい点。コーナーで自ら動き、堂々と完封してしまった。ゴール前は持ちこたえてほしいと、ひたすら念じていたが、あのブエナビスタにマークされながら、よく凌いでくれた」
 安田記念は6着。府中牝馬Sも14着に沈む。エリザベス女王杯で3着に浮上したが、香港マイル(13着)、阪神牝馬S(7着)、ヴィクトリアマイル(5着)と、なかなかリズムを取り戻せなかった。結局、5歳時の安田記念(16着)がラストラン。屈腱炎を発症してしまい、秋には繁殖入りが決まった。
 初仔のモクレレ(牡4、現3勝)は、まだまだ上を目指せる器。蹄のトラブルに見舞われ、長期休養を強いられたジナンボー(牡3、現1勝)も、待望の復帰戦を迎える。1歳には父ディープインパクトの牡が控え、夢がふくらむ一方だ。女王の伝説は、第2章になっても豪華に展開していく。
 


第15回 秋華賞GⅠ
1着アパパネ      牝3 55 蛯名正義 国枝栄
2着アニメイトバイオ  牝3 55 後藤浩輝 牧光二
3着アプリコットフィズ 牝3 55 武 豊  小島太

 単勝  230円
 枠連  670円
 馬連 1,420円
 馬単 1,990円

3連複  3,250円
3連単  12,550円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP