平日コンテンツ

秋華賞 アーモンドアイも凄いがルメール騎手も凄い!


第23回秋華賞が京都競馬場で行われました。

注目はやはりアーモンドアイがこの三冠レース最終戦を制し三冠牝馬に輝くかどうか。オークス以来の出走で単勝1.3倍の断トツ人気となりましたが、仕上がりに不安はなく、アタマはこの馬以外に考えられませんでしたよね。

アーモンドアイはどんなレースもできるタイプですが、京都内回りコースで行われる秋華賞ではオークスと同様に、鞍上のルメール騎手がいつでも前を捕らえられるポジションにつける乗り方を選択するだろうとの予想をしていました。

安全策としてはベストなので、鞍上もそうするはずと。

いざレースがスタートしゲートが開くと、ほんの一瞬ですがダッシュがつかず思ったよりも後方の位置になってしまいました。

あの時点で鞍上も“しまった”と考えたに違いありません。

しかしさすがはルメール騎手、全く焦るような素振りは見せず、馬のリズムを崩さないことを第一に心がけて追走。


桜花賞を制した時点で彼は“三冠”という言葉を使いました。それだけの器であると。
ルメール騎手がそこまで言うくらい力がある馬なので、他馬に力でねじ伏せられて負けるのならば仕方ないとしても、レース中の他馬によるアクシデントで負けるのだけは絶対に許されないと考えたのか、ただの一度も内へ入ろうとはせずに、いつでも動きだせる外目を選んで走らせていました。

このあたりに馬の力に対する絶対的な自信と信頼があらわれていました。
レースはミッキーチャームが逃げてそれほど速い流れにはならず、むしろ結果として逃げ馬が2着に粘り切ったのだから、前残りのレース展開だったと言えるでしょう。

だから4コーナーを回って直線に入った時点で、僕はアーモンドアイが届かないだろうと判断し、負けを覚悟しました。


ところがルメール騎手が追い出しにかかると、みるみるうちにエンジン全開。
他馬とはストライドがまるで違い、まさに次元が違うというのはこのことです。

5カ月ぶりのレースでプラス14キロも重め感は全然なく、猛暑厳しかった今年の夏を無事に乗り越えて、さらに成長した姿を見せてくれました。ここまで良い出来に仕上げてきた関係者の努力は大変なものだったでしょう。

アーモンドアイの能力が超一流であることは疑いようがなく、それは万人が認めるところ。さらに今回は、ルメール騎手の乗り方にも大きな衝撃を受けました。直線に向くまであの位置で我慢できる精神力は凄いと思います。

京都の内回りコースでは、前との距離を測って3コーナーあたりから馬を動かしていくのが通常のレース運び。予定よりも後ろにつけてしまったのだから尚更です。

ルメール騎手の、おそろしいほどの冷静さとアーモンドアイに対する揺るぎない信頼があってこそ出来る騎乗だと思います。経験や技術に裏打ちされた自信たっぷりの手綱さばきに、つくづく彼の凄さを感じさせられました。


次走、相手が一流の古馬、牡馬相手でも好走してくれると期待しています。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP