平日コンテンツ

『苦難を乗り越えて切れ味を増す名将の懐刀』


【2011年 スワンステークス】

 橋口弘次郎調教師が大切に育ててきたファミリーといえば、〝薔薇一族〟がまず浮かぶが、クラレント(デイリー杯2歳Sをはじめ重賞を6勝、NHKマイルC3着、安田記念3着)やレッドアリオン(マイラーズC、関屋記念)らの母であるエリモピクシーについても、深い愛着を寄せる。
「すばらしい繁殖だね。エリザベス女王杯を制したエリモシックの全妹らしく、大舞台向きの底力に富み、奥深い血なんだ。ダンシングブレーヴの肌だけに、重厚なパワーも兼ね備えている」
 重賞での3着が3回もあるエリモピクシー(7勝)。産駒にはサトノルパン(京阪杯)、レッドアヴァンセ(阪神牝馬Sなど現4勝)、レッドオルガ(現4勝)、レッドヴェイロン(現3勝、NHKマイルC3着)もいて、名将の引退後も存在感を高めている。
 忘れてならないのが初仔にあたるリディル。リーディングサイアーを獲得した翌年(09年)にこの世を去ってしまったものの、サンデーサイレンスの後継ではエース格といえるアグネスタキオンを配されて誕生した。産駒で初のG1ウイナーとなったロジック(NHKマイルC)も手がけた橋口師。2歳7月に入厩した直後より、父譲りのスピードや瞬発力を高く評価していた。
 8月の小倉(芝1800m)でデビュー。初戦は7着に敗れたが、馬っけを出す幼さを見せ、集中できなかったのが敗因だった。2戦目(阪神の芝1600m)を快勝すると、デイリー杯2歳Sも豪快に差し切った。しかし、エリート街道に乗った矢先、試練が訪れる。大山ヒルズでの放牧中に左トモの第1趾骨を複骨折(数箇所に亀裂が走る骨折形態)する重傷を負ってしまったのだ。
「朝日杯FSに目標を定め、1週間後に帰厩する予定だった。連絡を受けた直後には、現地へ飛んで行ったよ。助けられるかどうか、ぎりぎりのライン。最善を尽くしたくて、トレセンの診療所に運び、患部に3本のボルトを埋め込む手術をしたんだ。それがうまくいったし、馬はよく耐えた。回復力も想像以上のものがあったね。1年3か月ぶりとなった白富士S(2着)のことが忘れられない。無事に走り終えることだけを願っていたが、能力を再認識させる内容。本当に感激したなぁ」
 馬場が荒れたインを通った影響があり、洛陽Sを2着。大阪杯ではしきりに行きたがってしまい、8着に終わる。久々の勝利を手にしたのは、谷川岳Sだった。安田記念(7着)は、直線で前が詰まる不利が響いたもの。持ったままで先行した米子Sを快勝。終いも33秒3の鋭さだった。
「春先までは若駒みたいに弱々しく映った。飼い食いも細くて。それが夏場のリフレッシュを挟むと、ようやく完成され、見違えるように充実してきた。追い切りの動きも抜群。思う存分、天性の切れを発揮できると見ていたよ」
 スワンSは初となる1400m。ただ、折り合いを付けるのにはむしろ好都合だった。好スタートを決め、先行集団のインを手応え良く進む。4コーナーでは馬なりで2番手。直線では追い出しを待つ余裕があった。終いを33秒6でまとめ、1分19秒4の好タイムで優勝。トレーナーにとって、これが現役最多タイとなる83勝目となるJRA重賞の勲章だった。
 ところが、マイルCSでは出遅れたうえにかかりっぱなし。14着まで後退してしまう。故障した馬に影響されて躓き、阪神Cも10着。その後は左前脚の炎症に泣かされ、結局、ターフに戻ることはなかった。乗馬となり、静かに余生を送っている。
 ベテランの情熱に磨かれ、見違えるように切れ味を増したリディル(北欧神話に登場する剣の名)。輝きを放った時間はあまりにも短かったが、かなえられなかった夢は妹弟たちへ、さらに次世代の近親たちへと、しっかり受け継がれていく。
 


第54回 スワンステークスGⅡ
1着リディル     牡4 57 小牧太  橋口弘次郎
2着ジョーカプチーノ 牡5 58 福永祐一 中竹和也
3着オセアニアボス  牡6 57 石橋脩  矢作芳人

 単勝  310円
 枠連 1,270円
 馬連 1,330円
 馬単 2,040円

3連複  10,580円
3連単  39,420円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP