平日コンテンツ

『晩秋の寒気を切り裂く熱き突風』


【2010年 JBCスプリント】

G1としては史上初となる1000mでスピードが競われた2010年のJBCスプリント。4馬身も後続を置き去りにして、悠々と栄光をつかんだのはサマーウインドだった。久々に3万人以上が詰めかけた船橋競馬場は、地鳴りのような大歓声に包まれた。
 開業4年目にしてビッグタイトルを手中に収めた庄野靖志調教師は、感慨深げに喜びを噛み締める。
「ダッシュ自体はそう速くないのですが、狙った舞台で最高のスタートが切れました。二の脚の鋭さは超一流です。ハナを切ってからは余裕たっぷりのレース運び。完成されるのに時間がかかり、無事に手元へ戻ってきてくれただけでうれしかったのに、ここまで本格化するなんて。想像を超えた成長力を秘めていました」
 ようやくデビューにこぎ着けたのは、3歳夏の小倉(芝1200m)。ぎこちない走りで14着に敗れたものの、2戦目には一変し、2着に追い込む。出遅れがなければと悔やまれる内容だった。
「日高町の賀張共同育成センターで乗り始めた当初から、雄大な馬格に惹かれましたし、もともと期待は大きかった。ただし、骨質が弱く、順調に乗り込めなかったんです。栗東に移動後も、球節の浮腫みに悩まされましたね。慎重な仕上げでレースに臨みました」
 と、トレーナーは未勝利当時を振り返る。
 脚元への負担に配慮して短期放牧を挟み、阪神に組まれた最終のチャンスに照準を定めたのだが、ここで不運が。レース直前になって両前のヒザを剥離骨折してしまう。JRAの再登録を前提にホッカイドウ競馬へ移籍。依然としてソエ気味ながら、10カ月ぶりとなった門別(ダート1200m)をレコードタイムで初勝利。2戦目にも同タイムで大差勝ちを収めた。あっさりとカムバックの条件をクリアしたのだ。
 同馬の非凡な速力は、父のタイキシャトルからも受け継がれているが、スワンSや京王杯スプリングCをはじめ、7勝をマークした母シンウインド(その父ウエスタンウインド)によるところも大。21歳時に産んだ最後の仔が同馬である。母は8歳(当時)まで現役を続けた。半姉にあたるセトノウインド(4勝)は、4歳12月にようやく勝ち上がった遅咲き。半兄のカゼノコウテイも、地方から転じて準オープンまで出世した晩生の血筋である。
 転入緒戦となった10月の京都(ダート1400mを)も鮮やかに逃げ切り。昇級の壁などなく、円山特別もステッキなしで快勝する。しかも、走破タイムは堂々のレコードだった。後続に5馬身差を付け、初日の出Sも楽々と突破。一気にオープン入りを果たした。
 根岸Sを2着に粘り込み、早々とタイトル奪取にメドを立てる。天王山Sに順当勝ち。プロキオンSは2着だったが、1200mの交流重賞に的を絞り、クラスターC、東京盃と連勝。そして、ついに頂上まで登り詰めたのだ。
「すっかり脚が固まり、一戦ごと攻め馬を強化。ぐんとたくましくなり、充実は目覚ましかった。周囲を気にしたりする精神的な幼さも薄れましたしね。馬に感謝するしかありません」
 翌春の高松宮記念(14着)以降、本来の調子を取り戻せず、8歳時のカペラSまで10連敗を喫する。再び表舞台で脚光を浴びることはなかったが、地方に所属を替え、高知で5勝。10歳まで懸命に走り抜いた。
 真面目な努力派でありながら、派手なパフォーマンスを演じたサマーウインド。いつまでも忘れられない名優である。
 


第10回JBCスプリントGI
1着サマーウインド  牡5 57 藤岡佑介 庄野靖志
2着ナイキマドリード 牡4 57 川島正太 川島正行
3着ミリオンディスク 牡6 57 蛯名正義 荒川義之

 単勝  120円
 枠連  330円
 馬連 1,330円
 枠単  450円

 馬単 1,490円

3連複  1,440円
3連単  4,860円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP