平日コンテンツ

『晴れ舞台に刻んだ個性的な印章』


【2012年 朝日杯フューチュリティステークス】

 マイラーズCを2回、中山記念も2度制したうえ、ムーランドロンシャン賞(2着)や香港マイル(3着)をはじめ、海外のG1でも健闘したローエングリン。その父はシングスピール(ジャパンC、ドバイワールドCなどG1を4勝)、母がカーリング(ディアヌ賞、ヴェルメイユ賞)という世界的な良血である。繁殖に恵まれていないなか、ヴゼットジョリー(新潟2歳S)、カラクレナイ(フィリーズレビュー)などを送り出し、種牡馬としても成功しているが、代表格といえばロゴタイプの名が真っ先に挙がる。
 母ステレオタイプ(その父サンデーサイレンス、地方2勝)の姉兄にグランパドドゥ(中日新聞杯、スプリンターズSを2着したパドトロワの母)、アンドゥオール(東海S、マーチS)ら。祖母はローズSの覇者となったスターバレリーナである。馬主を対象に出資を募る社台オーナーズに、総額1000万円でラインナップされた。
 若駒らしからぬ豊富な体力を生かし、社台ファームの直線ダートコースで順調にペースアップ。2歳の5月、早くも函館競馬場に入厩した。ゲート試験を1回でクリアし、短期間で出走態勢が整った。芝1200mでデビュー。出遅れながらも4コーナーでは前を射程に入れ、楽な手応えで差し切る。
 勝ち切れないなかでも。函館2歳S(4着)、クローバー賞(3着)、札幌2歳S(4着)と順調にキャリアを積んだ。休養を挟み、大きく体を増やしたが、それも急激な成長の証。好位から抜け出し、ベゴニア賞でレコード勝ちを収める。
「トモに筋肉が備わり、スタートをスパッと出られるように。直線は狭いところを瞬時に割れました。強い競馬でしたし、これは想像以上に奥があると確信しましたね」  と、田中剛調教師は夢をふくらませていた。
 強力メンバーが集い、朝日杯FSは7番人気(単勝34・5倍)の低評価。中山のマイルで不利となる14番枠を引き、ハイラップが刻まれたのに加え、次々にプレッシャーをかけられる厳しい展開となった。それでも、外目の先行集団に付け、がっちりと抑え込む。消耗戦を強靭なパワーで凌ぎ切り、札幌2歳Sで後塵を拝したコディーノを競り落とした。
 連勝でのG1制覇に導いたミルコ・デムーロ騎手は、こう健闘を称える。
「引っかかった馬が何頭もいたのに、そこからペースが落ちたり、変則的なレースとなった。でも、ゲートの速さを生かし、この馬のリズムを貫けたのが良かった。前走でもレベルの高い走りをして、中2週での参戦だったけど、中間もいい調整ができ、また進歩している。マイルは合っているし、優秀なスタミナも示しているから、クラシックでもやれると思う」
 ジョッキーの見立て通り、翌春はスプリングSを快勝し、皐月賞へ。完璧に折り合い、堂々と突き抜ける。さらなる距離延長が響き、ダービーは5着に終わったものの、その後もG1戦線をリードするに違いないと目されていた。
 ところが、懸命に力を尽くした反動は大きく、札幌記念(5着)を経て、半年間のブランク。中山記念(3着)、ドバイデューティフリー(6着)と、4歳春も復権は果たせなかった。中山金杯(2着)、中山記念(2着)、富士S(3着)、ダービー卿CT(2着)など、あと一歩に迫りながら、6歳前半まで勝利から遠ざかる。
 それでも、絶妙な流れに持ち込んだ安田記念を逃げ切り、3つ目のビックタイトルを奪取した。7歳シーズンも、中山記念を3着、安田記念はクビ差の2着。結局、そこで競走生活にピリオドが打たれ、社台スタリオンステーションで種牡馬入りした。
 優秀な身体能力や懸命な魂は、きっと後世へも伝わるはず。個性的にロゴデザインされた産駒の登場が楽しみでならない。
 


第64回 朝日杯フューチュリティステークスGⅠ
1着ロゴタイプ   牡2 55 Mデムーロ 田中剛
2着コディーノ   牡2 55 横山典弘  藤沢 和雄
3着ゴットフリート 牡2 55 Cスミヨン 斎藤 誠

 単勝 3,450円
 枠連 1,380円
 馬連 1,560円
 馬単 7,770円

3連複  4,530円
3連単  54,880円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP