平日コンテンツ

『遥かな道に不屈の闘志を貫いて』


【2017年東京大賞典】

 7歳になっても旺盛な闘志はまったく衰えず、チャンピオンの座を守り通したコパノリッキー。引退レースとなった東京大賞典を悠々と逃げ切った。
「本来の力を出し切れれば、有終の美を飾れると信じていましたが、最後まで気を抜けず、こちらは緊張していました。期待に応えることができ、ほっとしましたよ。そんななか、レース前の馬房でも、リッキーは落ち着いていて、『何を心配しているんだ』って語りかけているよう。それでいて、ゲートインしたら、のんびりした気分がきちんと切り替わり、一生懸命に走ってくれる。こんな名馬を手がけられ、多くのことを学びました。巡り合いに感謝するしかありません」
 砂戦線に多数の活躍馬を輩出しているゴールドアリュールが父。母はダートで3勝したコパノニキータ(その父ティンバーカントリー)である。同馬の半弟にあたるコパノチャーリー(現7勝)もオープンで活躍している。
「2歳春に育成先の小国ステーブルで初対面したときはターフランナーのようなスタイル。手脚が長くて華奢でしたね。成長力は想像以上。だんだん筋肉が付き、緩さが目立たなくなり、2歳11月に入厩した当初でも、やればいくらでも動きそうな雰囲気がありました」
 実質の時計2本で臨んだ12月のデビュー戦(阪神のダート1800m)は、不利もあって8着に終わったものの、一戦のみの経験ですべきことを自覚。京都のダート1800mに臨むと、2番手から抜け出してワンサイド勝ち。続く東京(ダート1400m)でも5馬身差の楽勝を収める。
「騎乗したクリストフ・ルメール騎手は『ただつかまっていただけ。ニュー・カネヒキリだね』と絶賛していました。これほど急に秘めたポテンシャルが表面に出てくるとは。あの当時はソエが出かかっていましたが、それもすっかり解消しました。体力的に余裕があり、調整は楽。驚くべき大食漢ですので、気を遣うのは太りすぎくらいでしたよ」
 ヒヤシンスS(3着)はハイペースに巻き込まれたのが敗因。中団の位置取りとなりながら、伏竜Sを快勝する。ベストウォーリア(南部杯2回、G1の2着が4回)に6馬身も差を広げ、兵庫チャンピオンシップで初のタイトルを奪取。粒ぞろいの世代にあって、断然の力量を示した。
「右前のヒザを剥離骨折してしまい、半年間のブランク。きれいに骨片を除去し、患部は完治した状況にありましたが、霜月S(10着)、フェアウェルS(9着)とまったく動けませんでしたからね。いつか変わると信じていても、まさかフェブラリーSで最高の結果が出るなんて。復帰当時は夏バテした影響が残り、息の入りが良くなかった。再び故障させないよう、控えめな攻めで送り出したんです。徐々に負荷を強め、本来の懸命な姿勢を取り戻しつつある感触は得ていました」
 単勝272・1倍の最低人気を覆し、早くも頂点を極める。しかも、ゲートでそわそわしたり、砂を被って嫌がったりする若さが残っていた状況。かしわ記念では出遅れてしまったものの、外を回して差し切り、後続に2馬身差。前走がフロックでないことを証明した。
 4歳時はJBCクラシックにも優勝。東海S、フェブラリーSと連勝で突き進む。ここで左ヒザに骨折を発症したが、JBCクラシックで復活の勝利。その後の敗戦を糧に自在性を増し、かしわ記念、帝王賞、南部杯と3連勝を達成する。
 ラストシーズンを迎え、さらに進化を遂げ、かしわ記念、南部杯を勝ち切る。JBCスプリントはアタマ差の2着、チャンピオンズCもクビ+クビ差の3着に健闘。幾たびも苦境を乗り越え、偉大な競走生活をハッピーエンドで締めくくった。
 種牡馬としても人気は絶大。真面目な性格やタフな体質は、きっと産駒へも伝わるに違いない。
 


第63回東京大賞典GI
1着コパノリッキー  牡7 57 田邊裕信 村山明
2着サウンドトゥルー セ7 57 大野拓弥 高木登
3着ケイティブレイブ 牡4 57 福永祐一 目野哲也

 単勝  470円
 枠連  950円
 枠単 1,920円
 馬連  970円
 馬単 1,950円

3連複   690円
3連単  4,470円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP