平日コンテンツ

『名馬に導かれた会心のゴール』


【2009年 シンザン記念】

 HBAセレクションセール(1歳)にて1470万円で落札されたアントニオバローズ。父は2009年にリーディングサイアーを獲得したマンハッタンカフェ。同期にジョーカプチーノ(NHKマイルカップ)、レッドディザイア(秋華賞)らがいる豊作の世代にあたる。母リトルアロー(その父キングマンボ)は不出走だが、その兄姉にアロータウン(米7勝、G2での2着が3回)、レディボナンザ(4勝、フラワーCを2着)がいる。
 2歳6月に栗東へ。ひと追いごとに反応が良化し、8月の小倉(芝1800mを2着)では単勝1・4番の断然人気に推された。物見をして気を抜くシーンがあり、直線でもラチに接触する若さを見せ、後に中京2歳Sを制するメイショウドンタクとの一騎打ちに屈したものの、3着馬とは1秒7もの差が開いた。
 4か月半のリフレッシュを経て、12月の阪神(芝1400m)を勝利。2馬身半差を付ける圧倒的な内容に自信を深めた陣営は、シンザン記念への参戦を決断した。
 前走に続き、ホライゾネッドを着用したままでスタート。4番手に収まり、なんとか折り合いも付いた。コーナーで外に逃げ、追われてから内にもたれながらも、渋太く脚を伸ばす。迫るダブルウェッジを力強くねじ伏せ、日本競馬史上に偉大な足跡を残した名馬のメモリアルレースを堂々と制した。
 騎乗した角田晃一騎手(現調教師)は、こう秘めた才能を絶賛する。
「まだ気負って前半はもたついたし、いかにも粗削りな状況なのに。早め先頭だとふわっとするが、最後に並ぶかたちに持ち込めたのが良かった。スタミナは相当あるからね。距離は延びても大丈夫。でも、今後もメンタル面が課題となる」
 管理する武田博トレーナーにとって、シンザンは父であり、師匠でもある武田文吾師が育てた最高傑作。騎手時代に実戦でも跨り、オープンで3勝した忘れられないパートナーだった。偉大な3冠馬の後を追ってクラシックへと進むこととなる。
 ただし、弥生賞を目前に右前の歩様が乱れ、無念の回避。3コーナーからスパートした皐月賞(9着)は、直線で失速してしまう。
 プリンシパルSを2着し、晴れてダービーへの出走権を獲得。生憎の不良馬場にもかかわらず、見せ場たっぷりの3着に食い込む。非凡な身体能力や気の強さが最大限に生かされた。
 しきりに行きたがった神戸新聞杯(11着)に続き、菊花賞(18着)でも早めに後退。気性面の難しさだけでなく、喘鳴症に行く手を阻まれた。バレンタインS(16着)でも結果が出なかったことで、ノドの手術を行うことに。だが、放牧先より帰厩する際に肺炎を発症した。懸命の治療も実らず、4歳6月にこの世を去ってしまう。あまりに早すぎる別れだった。
 短い一生に旺盛な闘争心を集約させたアントニオバローズ。手にしたタイトルはひとつだけだったとはいえ、シンザンに導かれて手にした栄光は、永久に輝きを放っている。
 


第43回 シンザン記念(GⅢ)
1着アントニオバローズ 牡3 56 角田晃一 武田博
2着ダブルウェッジ   牡3 56 小牧太  田所秀孝
3着トップカミング   牡3 56 幸英明  境直行

 単勝   330円
 枠連  1,620円
 馬連  8,040円
 馬単 1万1,890円

3連複  5万9,650円
3連単  27万9,100円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP