平日コンテンツ

今年もGIが始まる!


2019年、今年も2月に入り早くもGIが開幕する。
フェブラリーS、今年は話題も多く非常に盛り上がりそうだ。
まず、敗れたのはデビュー戦だけで、その後6連勝で未勝利から重賞までブッコ抜いたインティ。そのレース振りも「逃げて差す」という、ダート版サイレンススズカと囁かれるほどインパクトのある内容ばかりで、まさにスターホースの資質十分の1頭。鞍上もスタージョッキーの武豊、今年のフェブラリーSを演じる主役に間違い無い。

準主役になるコパノキッキングも人気を分ける双璧の存在。
デビュー戦が既走馬相手の初出走、当時は単勝34.5倍の10番人気だったが、その人気薄を嘲笑う9馬身差の大楽勝劇を演じ、その後2度ほど敗れてはいるが9戦7勝、只今4連勝中に加え重賞連勝で挑んで来る。馬自身もスター性があるが、何よりも鞍上、JRA女性ジョッキーとして初めてGIに騎乗することになる藤田菜七子、単勝人気だけならインティを逆転する時間もあるかも知れない。準主役というよりもヒロイン的な存在になった。
短距離で連勝してきた馬なだけに折り合いはカギだが、インティが飛ばす展開ならレースはしやすいはず。芝スタートも捌きからすればマイナスでは無い。実際、2戦目の阪神ダート1400mでスタートダッシュを決めている。後は鞍上と息が合うかどうかだけ。兄弟子の丸山元気譲りで藤田菜七子はスタートが上手く、また当たりも比較的柔らかい方で折り合いも付く可能性はある。
GI初騎乗となれば普通はプレッシャーを感じるところだが、全国各地の地方競馬にも出向き、また競馬意外のところでも多くの経験を積んでいるため、そういうプレッシャーには強くなっているようだ。
「菜七子じゃ…」と簡単に切り捨てるには少し危険、馬のデキをしっかり見極めて判断したほうがいいだろう。

この2頭の参戦だけでも相当に盛り上がるが、昨年・一昨年・3年前の覇者ノンコノユメ・ゴールドドリーム・モーニンと古豪も参戦、さらに東京大賞典の勝ち馬オメガパフュームも鞍上に再びミルコを配してくるのだから注目になる。

この翌週には豪華メンバーとなる中山記念、そしてその翌週には、早くもクラシックトライアルシリーズが開幕する。

今年もあっという間にGIが開幕し、あっという間にクラシックも開幕するのだろう。過ぎ行く時間をジックリと楽しめるようにしたい。


名前の出せない元JRA調教師

名前は出せないが父も調教師だった競馬一家。幼少期から身近に馬がいる環境で育ち、サークル内の表も裏も見てきた人物。現役当時、ココと決めたレースに向けた勝負仕上げには定評があり、若い調教師の兄貴分的な存在でもあった。今でも後輩調教師が教えを請いに訪れてくるという。昭和の時代の美浦トレセン開業当時も知る一人、「美浦で知らないことはない」という自他ともに認める美浦トレセンの生き証人でもある。現在もサークル内に非常に近い立場でその手腕を振るっており、現代競馬の事情や実情を、ある意味現役の調教師以上に知る人物でもある。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP