平日コンテンツ

『気高き女王が手にした最初のクラウン』


【2012年 桜花賞】

 牝馬3冠のみならず、ジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック、有馬記念と勝利を重ねたジェンティルドンナ。数々の栄光を勝ち取ってきた石坂正調教師にとっても、歴史的な名牝とともに歩んだ3年間は、トレーナー生活のなかで最も濃密な時間だったと振り返る。
「新馬当時よりすばらしい能力の持ち主でした。ずっとG1を目指す立場にいて、最後まで輝きを放ち続けてくれた。走るたび、改めてすごいと感心させられましたね。よくぞこんな逸材を管理できたものだと、巡り会いに感謝しています」
 稀代のスーパーホースであり、スタリオン入りしてからも日本競馬を牽引するディープインパクトが父。母ドナブリーニ(その父ベルトリーニ)はイギリス産で、G1・チェヴァリーパークSを制した。同馬の全姉にあたるドナウブルー(京都牝馬S、関屋記念、ヴィクトリアマイル2着)も石坂厩舎で活躍。サンデーサラブレッドクラブでの募集総額は、姉を凌ぐ3400万円の設定だった。
「この仔もドナウブルーと同様に天才肌ですが、雰囲気はだいぶ異なります。伸びやかでありながら、ひと回りたくましいスタイル。母は早熟のスプリンターでも、心肺機能が桁違い。距離だってこなせそうな感触がありましたよ。速いところへいけばイメージが一変。どんなにハードな内容を求めても、息遣いが乱れず、脚が上がることもなく、常にこちらの要求を超えてしまう」
 ノーザンファーム空港で基礎固めされた同馬は、暑さが和らぐのを待ってNFしがらきへ。2歳10月、栗東へ入厩した。11月の京都、芝1600mでデビュー。2着に終わったものの、不良馬場のなか、荒れていない大外をで走らせた結果だった。
 12月の阪神(芝1600m)では、一転した積極策。直線で余力たっぷりに先頭に立つと、あっという間に3馬身半の差が付く。シンザン記念も、好位から一瞬にして抜け出した。
 熱発するアクシデントが響き、チューリップ賞は4着。だが、狙い定めた晴れ舞台では、持ち前の瞬発力を遺憾なく発揮していくこととなる。きらりと光る勝ち方だった桜花賞。レースの上がりを1秒0上回るラスト34秒3の決め手を駆使した。
「着実に状態を上げ、満足いく状態で臨めましたね。狙った晴れ舞台で抜けたポテンシャルを感じ取れ、折り合いの不安もない。それにしても、オークスは想像をはるかに超える強さ。夢はふくらむ一方でした」
 2冠目は5馬身差のワンサイド勝ち。タイムも驚くべきものだった。3歳春にして2分23秒6(従来のレースレコードを1秒7も更新)を叩き出しているのだから、その後の栄光も必然といえた。
 まずは史上4頭目となる牝馬のトリプルクラウン達成を見据えてスタートさせた秋シーズン。ローズSは、2番手から抜け出す正攻法のかたちで完勝する。そして、秋華賞も制覇。わずか7㎝差の辛勝ではあったが、特殊な流れのなか、勝ち切ったことに価値があった。
 エリザベス女王杯でなく、いきなり高いハードルとなるジャパンCに挑戦。みごとに日本最高峰を制してしまう。4歳時のドバイシーマクラシックは2着。宝塚記念(3着)も期待を裏切ったものの、天皇賞・秋(2着)をステップにJCの連覇を果たす。
 京都記念(6着)を経て、ドバイシーマクラシックに優勝。世界にその名を轟かせた。宝塚記念(9着)、天皇賞・秋(2着)、JC(4着)と歩み、引退レースの有馬記念を迎えた。
「これまでの総決算であり、ベストレースが有馬記念。秋の2戦を振り返り、こんなものじゃないとの思いを強くし、出走を決めました。パドックでも、これならばと思わせましたし、これで引退なんだなと、感慨深く見ていましたよ。なかなかイメージ通りにいかないのが競馬なのですが、完璧な立ち回り。もちろん、自信はありました。ただ、まずは無事に走り終えるのを願っていましたね。元気な姿で牧場へ帰してあげられ、ほっとしています」
 いまだに余韻が残る貴婦人(イタリア語でジェンティルドンナ)の伝説。気高き魂は産駒たちに受け継がれ、また新たなドラマを創出していく。
 


第72回桜花賞(GI)
1着ジェンティルドンナ 牝3 55 岩田康誠 石坂正
2着ヴィルシーナ    牝3 55 内田博幸 友道康夫
3着アイムユアーズ   牝3 55 ピンナ  手塚貴久

 単勝  490円
 枠連  970円
 馬連 1,850円
 馬単 3,150円

3連複  5,110円
3連単  24,020円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP