平日コンテンツ

『ワールドクラスの才能を誇示する鮮烈なリターンエース』


【2014年 マイラーズカップ】

 ワールドクラスの成功を夢みて、サンデーサラブレッドクラブにラインナップされたワールドエース。募集総額は1億円に設定された。母マンデラ(その父アカテナンゴ)は、マンデュロ(ジャックルマロワ賞などG1を3勝、種牡馬)の半姉にあたり、G1・ドイツオークスを3着している。
 父は日本競馬を世界レベルに押し上げたディープインパクトであり、その魅力を知り尽くした池江泰寿調教師も、底知れないポテンシャルを感じ取っていた。
「他厩舎の所属馬も含め、これまでに見た産駒のなかでは最もディープに似ていますね。きりりとした顔立ちや整ったバランスはもちろん、バネが利いた飛ぶようなフォームも。いざというときは即座にスイッチが入り、終いは確実に伸びてきます」
 ノーザンファーム早来を経て、NFしがらきでも丁寧に基礎固めされた同馬は、10月末に栗東へ。当初より素軽い動きが目立っていた。暮れの阪神(芝1800m)に初登場。余力たっぷりに抜け出し、順当に新馬勝ちを収めた。
「若駒S(2着)での敗戦は誤算でしたが、展開に泣いたもの。オルフェーヴルでも、ディープでも届きません。先々を見据え、そう攻めていない状況でしたしね。強引に動かず、スローペースを我慢させたことは、その後につながると見ていました。勝てば弥生賞へと考えていましたが、疲れがなかったので中1週のきさらぎ賞を選択。狙いどおりに賞金加算が果たせましたよ」 
 急かさずに脚を温存。直線で外へ導かれると、ディープインパクトを彷彿させるような軽いフットワークで伸びる。ラスト33秒0の末脚を発揮し、あっさりと突き抜けた。
「一戦ごとにレースを覚え、折り合いやゲートなどの課題をクリア。精神面がしっかりしていて、学習能力も優秀なんです。ただし、完成度合いはまだまだ。奥深い母系だけに、磨いていける余地はたっぷり残されていました」
 続く若葉Sも2馬身差の楽勝。渋った馬場を克服し、次位をコンマ6秒も凌ぐ決め手(35秒3)を爆発させた。
「重賞からオープンへと異例のローテーションではありますが、スプリングSを使えば、中山への長距離輸送が2回。フレッシュな状態を保ちながら、皐月賞の前にコーナー4つのコース形態を予習させたかった」
 皐月賞は2着に敗れたものの、ゴールドシップの思い切ったコース取りがはまった結果。スタート後、他馬に左前を引っ掛けてバランスを崩しながら、動揺せずに折り合い、直線は大外を鋭く伸びている。ダービー(4着)では1番人気に推され、最速タイの上がり(3ハロン33秒8)を駆使している。しかし、左前脚に屈腱炎を発症。1年8か月ものブランクを経る。
「とにかく無事にと願った白富士S(5着)。古馬になって幅が出たことで、マイル色が強まってきましたし、速い流れのほうがレースがしやすい。コーナー2つのコース形態が合うと見て、マイラーズCへ進ませたわけですが、中間にフレグモーネを発症してしまい、状態に関しては半信半疑でしたよ」
 そんななか、みごとに復活を遂げた。初の距離ながら、アンドレアシュ・シュタルケ騎手は促して好位をキープ。直線まで行きたがるのを我慢させ、満を持して追い出すと、楽々と先頭に躍り出る。2着にコンマ2秒差。レコードタイムでの完勝だった。
 安田記念(5着)は不向きな不良馬場となったのにかかわらず、懸命に差を詰めた。だが、非凡なスピードや瞬発力がなかなか蘇らない。終始、ハミがかからず、大きく期待を裏切った毎日王冠(13着)。マイルCSも8着に終わる。香港マイルで4着と上昇気配をうかがわせたものの、オーストラリア遠征(ジョージライダーSを11着、ドンカスターマイルは8着)でもこの馬らしさは見られなかった。
 富士S(9着)、キャピタルS(2着)、チャレンジC(4着)と歩んだところで、種牡馬入りのオファーを受諾。アロースタッドで繋養されることとなった。
 クラシックに臨むまでの胸躍る道程を考えれば、物足りなかった後半の競走生活。それでも、マイラーズCでの鮮やかなリターンエースが物語るように、秘めたポテンシャルは超一流である。血統的な価値も高いだけに、父に迫り、追い越す逸材が誕生しても不思議はないだろう。
 


第45回読売マイラーズカップ(GⅡ)
1着ワールドエース  牡5 56 シュタルケ 池江泰寿
2着フィエロ     牡5 56 武 豊   藤原英昭
3着エキストラエンド 牡5 56 川田将雅  角居勝彦

 単勝  640円
 枠連  590円
 馬連  860円
 馬単 2,090円

3連複  1,310円
3連単  7,930円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP