平日コンテンツ

『希望に満ちた王者の進撃』


【2009年 かしわ記念】

 ダート界に一時代を築いたエスポワールシチー。G1級を9勝し、たうち、7つがマイル(フェブラリーS、かしわ記念3回、南部杯3回)で挙げたもの。砂路線向きのパワーだけでなく、非凡なスピードが持ち味だった。管理した安達昭夫調教師は、こう若駒時代を振り返る。
「父はゴールドアリュール。母エミネントシチー(その父ブライアンズタイム、3勝)もダートで活躍しました。それでも、当初は芝向きと見込んでいましたね。馬格の割には細めのスタイルで、パワー不足に映ったんです」
 3歳3月、阪神の芝1600mでデビュー。調教でも好タイムをマークし、1番人気に推されたが、伸び切れずに3着だった。その後も堅実に走り続けたとはいえ、詰めの甘さが目立つ。待望の初勝利をつかんだのは、6戦目となる小倉の芝1200mだった。
「このころになると、ようやく丸みが出ましたし、全身がかちっとしてきて、ずいぶん雰囲気が変わってきましたよ。これならばダートもいいかなと思い始めました」
 デビュー以来、じわじわと体重を減らしてきたのに、滞在効果もあって一気に20キロ近く増加する。しかも、調教を強化してのこと。イレ込みがちだった精神面も徐々に安定してきた。
 昇級戦で7着に敗れたことで、目先を変えてみるのにはちょうど良いタイミングが到来した。8月にはダート1700mへ。これが圧巻だった。楽々とハナを切り、7馬身差の快勝。西脇特別もあっさり押し切ると、錦秋S、さらにトパーズSと一気の4連勝を飾った。
「あまりの強さを目の当たりにして、びっくりしたというのが正直なところ。うれしい誤算でしたね。まだトモに弱さが残る状況でしたし、力任せに走ってしまい、右回りでは外にふくらみがち。進歩する余地はかなりのこされていましたよ」
 平安S(クビ差の2着)ではダートで初の敗戦を喫したが、続くフェブラリーSでもレコードで制したサクセスブロッケンからコンマ2秒差に粘る。ついに重賞制覇がかなったのが、マーチS。57・5キロのハンデを課せられながら、3番手から力強く抜け出した。
 賞金を加算できたことで、G1に的を絞って出走する。降雨で脚抜きが良い馬場だったとはいえ、かしわ記念は前半の3ハロンが34秒7というハイペース。これまでと違い、中団の追走となっても、佐藤哲三騎手は慌てなかった。3コーナーから進出を開始し、懸命に食い下がるカネヒキリを振り切ってゴール。ついにチャンピオンに上り詰めた。
「テンションが上がりやすい気性に配慮し、目一杯の仕上げを施していたわけではなかったのですが、心身ともにどんどん進歩。佐藤哲三騎手が連日、調教に跨り、丁寧に教え込んでいましたからね」
 南部杯も楽々と突破。真っ向勝負で臨んだJCダートでは、後続に3馬身半もリードを広げた。4歳にして、JRA賞最優秀ダートホースに輝く。フェブラリーSでも、単勝1・7倍の支持にふさわしい堂々たる勝利。さらに、かしわ記念の連覇を果たした。
 ところが、王者に変調が表れる。得意の左回りにもかかわらず、南部杯(2着)ではコーナーで手応えが怪しくなった。ブリーダーズCクラシック(10着)への挑戦も過酷なものであり、慣れないスパイク鉄を履いたこともあって、大きなダメージを受ける。長旅で精神的にも疲弊。帰国時は腹痛を発症して体がガレ、再起も危ぶまれる状況だった。
 だが、安達師は簡単にはあきらめず、懸命の立て直しを図った。そして、名古屋大賞典、みやこS、かしわ記念、南部杯と勝利を重ねていく。日々の入念なケアがあったからこそ手にできた貴重な勲章といえた。
 8歳シーズンも南部杯を逃げ切り、底力を再認識させる。勢いを取り戻し、JBCスプリントに優勝。JCダートは7着だったが、同馬らしく先手を奪い、場内を沸かせた。
 希望に満ちた進撃が忘れられないうえ、息長く存在感を示したエスポワールシチー。優駿スタリオンステーションで種牡馬入りした。種付け頭数は減少傾向にあるが、いずれ目覚ましい成長力や不屈の闘志を受け継いだ逸材が登場しそうな予感がする。
 


第30回かしわ記念(JpnI)
1着ゴールドドリーム  牡5 57 Cルメール 平田修
2着オールブラッシュ  牡6 57 田辺裕信  村山明
3着インカンテーション 牡8 57 三浦皇成  羽月友彦

 単勝  320円
 枠連 5,100円
 枠単 9,420円
 馬連 5,830円
 馬単 9,520円

3連複  3,930円
3連単  32,670円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP