平日コンテンツ

『鍛えるごとに輝くラブリーな才能』


【2015年 鳴尾記念】

 ノーザンファーム早来で順調にブラッシュアップされ、2歳7月、栗東へ移動したラブリーデイ。池江泰寿調教師は、こう当時の印象を話す。
「中肉中背のまとまったスタイル。シャープな決め手は伝わってこなかったとはいえ、堅実に走るファミリーです。芝だけでなく、ダートもこなせそうなパワーを兼備していました。もともと完成度も高かったのですが、使われて味がありそうに思えましたね」
 2年連続してチャンピオンサイアーに輝き、ディープインパクトの登場後も安定して2位の座をキープするキングカメハメハが父。母ポップコーンジャズ(その父ダンスインザダーク、1勝、スイートピーS2着)も金子真人オーナーの所有馬である。両親と同じ勝負服で出世街道を歩んでいくこととなる。
 小倉の芝1800mで新馬勝ち。野路菊Sを連勝し、京王杯2歳Sも渋太く2着に踏み止まった。朝日杯FS(7着)にチャレンジしたうえ、翌春はクラシック2冠へと駒を進める。
「終始、行きたがったダービー(7着)でもコンマ4秒差。確かな能力は垣間見せています。操縦性が改善されたら、いずれG1を狙えると信じていましたよ」
 小倉記念(2着)、金鯱賞(2着)と健闘。有馬記念(12着)は大敗したものの、中日新聞杯(ハナ+クビ差の3着)もあと一歩の惜敗だった。メトロポリタンSで久々の勝利をつかむ。しかし、以降も崩れない反面、意外と勝利は遠かった。
「緩い馬場となるケースが多く、持ち味を出せずにいましたが、パンパンの良だった中山金杯でレコード勝ち。待望となる初重賞制覇を成し遂げられ、ようやくリズムに乗れました」
 京都記念もきっちりと勝利。阪神大賞典(6着)に続き、天皇賞・春(8着)は距離の壁に跳ね返された。それでも、鳴尾記念で一気に反撃。楽な手応えのままで先頭に躍り出ると、後続を2馬身も突き放した。
「成長力は想像以上。ずいぶん体が良化し、キンカメらしいトモのかたちに。肩にも筋肉が備わって、むきむきのボディーに変身しましたね。だんだんスタミナを要する条件でもこなせるようになりました」
 すっかり勢いに乗り、宝塚記念も連勝。ついにG1の頂に登り詰めた。さらなる栄光を求め、京都大賞典(1着)をステップに、天皇賞・秋へと挑む。4番手で巧みに脚をため、危なげなく抜け出した。
「ラブリーな気分。オーナーの8大競走優勝という偉大な記録に貢献でき、うれしさは格別でした。クレイジーなローテーションだと言われましたが、ほんと丈夫なんです。決して天才肌ではなくても、理想的なサラブレッド。本物のチャンピオンホースでした」
 ジャパンCはクビ+クビ差の3着、有馬記念も5着に食い下がる。大阪杯(4着)、クイーンエリザベス2世C(4着)、宝塚記念(4着)、京都大賞典(3着)と、6歳シーズンも連続して掲示板を確保。天皇賞・秋(9着)、香港C(4着)まで着実に成績をまとめた。
 ブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬入り。産駒たちもコンスタントな活躍が期待される。現役時代と同様、きっと息長く存在感を示すに違いない。
 


第68回鳴尾記念(GⅢ)
1着ラブリーデイ    牡5 57 岩田康誠 池江泰寿
2着マジェスティハーツ 牡5 56 武幸四郎 松永昌博
3着アズマシャトル   牡4 56 和田竜二 加用正

 単勝  400円
 枠連 1,980円
 馬連 7,030円
 馬単 9,770円

3連複  14,120円
3連単  73,430円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP