平日コンテンツ

『北の大地にきらめく百万石の才能』


【2015年 北海道スプリントカップ】

 2歳8月、小倉の芝1200mで新馬勝ちを飾ったシゲルカガ。出負けしたものの、二の脚で先手を奪い、後続に2馬身半の差を付けた。
 谷潔調教師は、こう入厩当時の思い出を話す。
「もともと幅があり、たくましいスタイル。スプリンターらしく、柔軟性には欠くとはいえ、楽々と好タイムが出てしまう。体力的にも若駒離れ。1か月程度で態勢が整いました」
 父はパイロ。プルピットの後継であり、ダート7ハロンの米GⅠ・フォアゴーSなどを制した快速馬だ。スピードが強調された配合。地味な一族ではあるが、母のアレグレッツァ(その父シャンハイ)も芝の1200m以下で3勝をマークしている。
 中団に控えた小倉2歳Sは、伸び切れずに8着。ダートのヤマボウシ賞も5着に終わったが、かえで賞では前半からハイラップを刻んでリードを広げ、危なげなく逃げ切った。
「普段は大人しく、調整に苦労はありません。ただ、スイッチの入り方が極端。いざとなったら燃えますよ。真面目すぎて融通が利かず、控えたらダメ。ただ、スタート自体はそう速くないですし、自分のかたちに持ち込めないと、もろい面が顔をのぞかせるんです」
 そんな粗削りな状況でも、兵庫ジュニアグランプリを4着、クリスマスローズSはハナ差の2着、クロッカスSもコンマ1秒差の4着に踏み止まった。ファルコンS(13着)や橘S(5着)に関しても、オーバーペースに加え、距離が響いたものである。果敢にハナを主張しながら、渋太く粘って葵Sを2着。時計の速い決着に難なく対応できたうえ、折り合い面にも進境がうかがえた。さくらんぼ特別を順当に勝ち切る。
「ゲートはセンスの問題が大きく、簡単に改善できるものでもないのですが、キャリアを積みながら、すっかり安定。道中でムキになる面も、だいぶ和らいできましたね。感心させられるは、休みらしい休みを取っていないのに、まったくへこたれないところ。手脚が丈夫で、トラブルとは無縁でした」
 軽い裂蹄に見舞われ、初めてのブランク。昇級4戦目の山城Sに勝利してオープン入りを果たす。さらに過酷な流れとなった千葉Sを押し切り、一気に重賞への視界が拓けた。東京スプリントはダノンレジェンド(後にJBCスプリントに優勝)の2着に食い下がる。
「短距離のダートは、むしろ向くと見ていた条件。強靭な粘り腰を期待していましたよ。ただし、北海道スプリントCにもダノンレジェンド(同レースは3着)が待ち構えていて、前走の2馬身差をどこまで縮められるかに注目していたんです。それなのに後続にも脚を使わせるパターンに持ち込めた。こんなに早くタイトルを獲れるなんて、うれしい誤算でしたね」
 天賦の才能が丁寧に磨かれ、着々と戦力強化されたシゲルカガ。豊かな未来が待ち受けているものと思われた。ところが、相手のきついマークに加え、徐々にフレッシュな闘志も薄れ、6歳の栗東S(14着)まで15連敗を喫する。地方・川崎に移ってからも5戦未勝利。それでも、岩手に転籍後は2走目以降に破竹の8連勝を演じている。
 これだけタフに走り続けただけでも、競走馬の鑑といえるが、同馬の魅力が凝縮された北の地でのパフォーマンスは、いまでも百万石の輝きを伴って蘇ってくる。
 


第19回北海道スプリントカップ(JpnⅢ)
1着シゲルカガ    牡4 56 勝浦正樹 谷 潔/span>
2着ポアゾンブラック 牡6 56 阪野学  田中淳司
3着ダノンレジェンド 牡5 57 丸田恭介 村山明

 単勝  410円
 枠連  150円
 馬連 6,660円
 馬単 10,490円

3連複  1,080円
3連単  24,580円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP