平日コンテンツ

中京記念 人気のプリモシーンも負けて強しではありました


先週はサマーマイルシリーズ初戦、G3第67回中京記念が行われました。

優勝はグルーヴィット
好スタートを決め4・5番手を追走するも途中で中団まで位置を下げてのレース。これは鞍上の松山騎手が自らの意志で下げたのではなく、周りの馬が前の流れに乗ってグルーヴィットを追い抜いていった結果、そのポジションになりました。

馬場状態は稍重、グルーヴィットは少しズブいところがあるうえに、やわらかい馬場も気になったのか道中はハミをあまりとらず、鞍上は頻りに手を動かしていました。おそらく松山騎手はこの馬のズブさをよくわかっているので、常に手綱を動かして刺激し、馬に気合を入れ続け、気を逸らさずに走るようにしていたのでしょう。

おかげでそのまま位置をキープしながら直線に向かうことができ、最後はステッキの入りが少し多いのではと思うくらいに叩いて何とか差し切り、ゴール。

まだ3歳で幼いところもありますが、この先の成長、本格化が楽しみな馬です。


ハンデ戦ということで前走のNHKマイルC(4番人気10着)から5キロ軽い52キロの斤量だったのも幸いしましたが、やはり馬の性格に合わせた乗り方をした松山騎手が勝利に大きく貢献したのだと思います。

スタートからゴールまでの間、馬なりの部分が全くないのは鞍上としては非常に疲れるレースではありますが、勝ったことで全て報われるというか、仕事をやり切ったという充実感が大きいレース内容だったのではないでしょうか。


2着はクリノガウディー
こちらも勝ち馬と同じく3歳の牡馬で52キロの軽ハンデ。スタート後は多少折り合いに苦労していたようですが、森騎手がうまく抑えて中団をキープし勝ち馬をマークする態勢を取り、なかなかスムーズなレース運びができていました。

もともと昨年の朝日杯FSを2着の実績があり、今回のメンバーの中でも力は上位です。外から鋭く伸びてきましたが届かずハナ差の2着、じつに惜しいレースでした。この馬はパワー型に見えるので、今回のような馬場は合うのでしょう。


重賞2勝、前走ヴィクトリアマイル2着の実績から当然の1番人気に支持されたプリモシーン。クビ差の3着に終わりましたが、レース内容はほぼ完璧でした。

先に行く馬を行かせて前を見渡せるところ、中団より前の位置を取っての追走。いつでも抜け出せる手応えの良さが見ていてわかるほどで、福永騎手としても楽な気持ちで騎乗できたのではないでしょうか。直線に向いて手応えどおりの良い伸びを見せ、ゴール寸前まで先頭。最終的に3歳馬2頭に差されましたが、これまで出走してきたレースで最高でも55キロだった斤量が今回のハンデ戦では55.5キロ、上位2頭と比べると3.5キロも重く、それが響いただけで力負けとは思いません。

強いて言えば、個人的にはほんの少し、ほんの僅かに仕掛けるタイミングが早かったように感じましたが、馬の強さを十分に示してくれたと思います。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP