一般ニュース & トピックス

【阪神大賞典】サトノダイヤモンドが貫禄のV発進 ルメール「トモダチになりました」

 「阪神大賞典・G2」(19日、阪神)

 断然の人気に、完璧なパフォーマンスで応えた。単勝1・1倍の1番人気に推されたサトノダイヤモンドが、中団やや後方から力強く伸びて完勝。先に抜け出した前年覇者シュヴァルグランを、ゴール前で問答無用にねじ伏せた。勝ちタイムは3分2秒6。3着には外を伸びたトーセンバジルが入った。

 今季始動戦を見事に飾り、C・ルメール騎手は「サトノダイヤモンドは今年も強いです」と満面の笑み。「トモダチになりました。サトノダイヤモンドに乗る時はいつもいい気持ち。(スピードもスタミナも)両方あるし、きょうも能力を発揮できました。シュヴァルグランは強い馬ですが、楽に勝ちました。次走が楽しみです」と、天皇賞・春に向けて意気込みを新たにしていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP