一般ニュース & トピックス

【阪神大賞典】サトノダイヤモンド始動戦完勝!ルメール断言「今年も強い」

 2着シュヴァルグラン(左端)を寄せ付けず阪神大賞典を制した(右から2頭目)

 「阪神大賞典・G2」(19日、阪神)

 単勝1・1倍の圧倒的1番人気に支持されたサトノダイヤモンドが完勝。後方から測ったように差し切り、前年の覇者シュヴァルグランを力でねじ伏せた。走破タイムの3分2秒6は、コースレコードに0秒1差迫る好時計。一層輝きを増したグランプリホースは、堂々と次戦の天皇賞・春(4月30日・京都)へ駒を進める。

 前途洋々。ルメールのシンプルな言葉が全てを物語っていた。「サトノダイヤモンドは今年も強いです!」。これぞミスターサラブレット。ブロンズ像のような完璧な馬体をはずませ、グランプリホースが今季初戦をきっちりとモノにした。

 出入りの激しい展開にも動じることなく、道中は後方を追走。右前方を走る前年覇者を徹底マークし、2周目向正面から動きだした。直線で並びかけ、右ステッキを一発放つと余裕の手応えで突き放す。1馬身半差をつけての完勝劇は、01年ナリタトップロードが記録したコースレコードにコンマ1秒と迫る秀逸さ。前哨戦から圧倒的な存在感を見せつけた。

 飛躍を誓う17年。初戦をVへと導いた鞍上は「パワーと瞬発力を兼ね備えている馬。きょうも能力を発揮してくれた。シュヴァルグランは強い馬ですが、結構楽に勝てました。次走も楽しみです」と確かな手応えを抱き、額の汗を拭った。

 戦況を見守った池江師も納得の表情だ。「ちょっと力んでいるところはあったが許容範囲。一回使ってグンと変わるタイプ。そのなかで結果も良かった。合格点かな」。レース以外の場面もくまなくチェック。「メンタル的に成長しています。装鞍所も結構落ち着いていたし、馬場入りも常歩で歩けた。菊花賞の時とは違った」。勝利を宿命づけられた超良血馬が、着実に完成の域に近づいてきた。

 次なるターゲットは天皇賞・春。放牧へは出さず、在厩調整で盾の称号を獲りに行く。「幸先いいね。視界良好じゃないですか」とトレーナー。まずは国内制圧。そして、夢は世界へ−。ダイヤモンドがさらに輝きを増していく。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP