一般ニュース & トピックス

【天皇賞】サトノダイヤモンド、パワーUP!直線一杯で0秒3先着

 栗東CWで上々の動きを見せたサトノダイヤモンド

 「天皇賞(春)・G1」(30日、京都)

 盾獲りへ、仕上がりは上々だ。天皇賞・春の1週前追い切りが行われ、2強の一角・サトノダイヤモンドが20日に栗東CWで、併走馬に先着、ラスト11秒8のタイムで好仕上がりを見せつけた。キタサンブラックとの頂上対決に向け、順調そのものだ。

 前を行く併走馬を目標にサトノダイヤモンドがゆっくりスタート。最後は思惑通りしっかり負荷をかけた。直線で一杯に追われ外プロフェット(4歳オープン)に0秒3先着。6F82秒8−38秒3−11秒8をマークした。

 「先週よりも良かったですね」と池江師は満足そうな笑みを浮かべる。さらに「そう、全体的に良かった。息の入り方や(追いだしてからの)反応にしても、トータルで上積みは大きい。体がしっかりしてきた」と続けた。

 今年初戦となった阪神大賞典を1番人気で快勝。昨年末の有馬記念V以来のレースだったが、池江師は「いつもの休み明けよりも仕上がっていた」と振り返るように、連覇を狙ったシュヴァルグラン以下を全く相手にしなかった。確実にパワーアップしていることは間違いない。

 今回の舞台は京都芝の3200メートル。「長いねえ。菊花賞よりもさらに長いんだからね」。とはいえ、その菊花賞を勝っているのだから舞台に不足はないはず。最大のライバルであるキタサンブラックが昨年勝っているレースだが、既にいろいろと作戦は練っているようだ。

 「京都コースはスムーズに流れるからね。1周目の下り坂はリズム良く折り合いに専念し、2周目の下り坂をこの馬のプラス材料にしたい」と池江師は話す。勝負どころでキタサンブラックを一気にとらえに行くレースプランか。早くも2強の駆け引きは始まっている。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP