一般ニュース & トピックス

【平安S】グレイトパール 結果残す ダートで4戦4勝の勢いで重賞奪取へ

 ダートで4戦4勝のグレイトパール

 「平安S・G3」(20日、京都)

 4連勝の勢いをぶつける。重賞初挑戦のグレイトパールは17日、川田を背に栗東CWへ。直線で先行していた僚馬2頭の内に入れると、じわじわと脚を伸ばして6F83秒3−37秒6−12秒1。レインボーソング(5歳1000万下)には首差遅れたが、攻め駆けしないこの馬にしては上々の動きを見せた。

 「もともとケイコよりも競馬に行っていいタイプ。いつも通りの動きでしたね。時計は結構出ているし、川田騎手も“雰囲気がいい”と言ってくれました」と中内田師は納得の表情でうなずく。

 脚元の不安から出世は遅れたものの、ダート路線に移り、負けなしの4戦4勝で重賞に駒を進めてきた。「これまで体調に合わせてゆっくりと調整してきましたが、今は本当に充実しています。実績馬が出てくるけど、結果を残したい」と指揮官は力を込める。底を見せぬ快進撃で一気にタイトルをつかむか。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP