一般ニュース & トピックス

【ローズS】ファンディーナ 真価の時 ソフト調整で皐月賞7着から巻き返す

 しなやかな脚さばきで併入したファンディーナ(手前)

 「ローズS・G2」(17日、阪神)

 3歳牝馬最後の1冠を見据え、ふがいない走りは見せられない。ファンディーナが13日、栗東坂路を余力十分に登坂。高野師いわく「100%ではない」出来だが、前哨戦クリアに十分な調教量をこなしてきた。皐月賞に挑んだ素質馬が、牝馬同士の一戦で地力の高さを見せつける。

 あえてソフトな調整に終始した。牝馬による69年ぶりの皐月賞制覇に挑んでから5カ月。7着敗退からの巻き返しを期すファンディーナは、栗東坂路でタイセイレガシー(3歳未勝利)と馬体を併せ、ウッドチップの感触をじっくりと確かめるように馬なりで登坂。最後まで緊張感を保ちながら、しなやかなフットワークでパートナーと併入した。

 タイムは4F55秒0−40秒0−12秒4。高野師は「やり過ぎないように、それでもきっちりと馬体を併せるという調整をしました。イメージ通りの調教ができましたよ。ここまで一杯に追うことはしていないですが、本数は重ねてきましたから」と納得の表情を浮かべた。

 デビューからフラワーCまで圧巻の3連勝。それゆえに今春は周囲の期待ばかりが先行していた。指揮官は「春は無理した調整ができない状況になってしまいましたからね。でも、今は体の維持に苦労しなくなった」と前向きに話す。

 一方で不安も残る。夏の暑さの影響で調整が遅れてしまった点だ。「体調は春よりはいいですが、100%ではない。(調整の)立ち上げが遅くなったのは確かですし、急仕上げの印象は否めません」と率直に語りつつ、「走れないシルエットではない。コンディションは春よりも今回の方が上です」と自信も口にした。

 現状は完調ではない。だが、それを補って余りある才能を秘めている。ここは真価が問われる一戦となりそうだ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP