一般ニュース & トピックス

【ローズS】カラクレナイ 反撃の秋へ 松下師も自信アリ「体はできている」

 栗東CWで馬なりで追い切ったカラクレナイ

 「ローズS・G2」(17日、阪神)

 春は3連勝でフィリーズレビューを制し、桜花賞に駒を進めたカラクレナイ。4着に敗れたが、ゴール前の末脚は光っていた。リズムが一気に崩れたのは続くNHKマイルC。1番人気に支持されながら17着に大敗した。

 「初めての長距離輸送などで、パドックからイレ込み気味でしたね。この馬の力を出し切れなかった。その分、秋に懸ける思いは強いです」と、松下師の意気込みは半端じゃない。

 最終追い切りは13日、栗東CWで単走。繊細な牝馬の仕上げらしく、最後まで馬なりのままで6F84秒1−39秒3−12秒4。4カ月半の休み明けにしては少々物足りない気もするが、すでに6Fから2本の時計を出しており、今回で3本目。「調教量は問題ない」とトレーナーは胸を張る。

 「体はできていますよ。先週よりも行きたがるそぶりはましになっていますし、道悪になっても全くダメではない。このあとの秋華賞のためにも」と秋の反撃を誓った。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP