一般ニュース & トピックス

【神戸新聞杯】レイデオロにダービー馬の風格 藤沢和師も上機嫌「すこぶる順調」

 夏を越し、さらに風格を増したレイデオロ

 「神戸新聞杯・G2」(24日、阪神)

 第84代ダービー馬がたくましくなって帰ってきた。レイデオロは13日、五十嵐(レースはルメール)を背に美浦Wで半マイル追い。僚馬2頭を前に見ながら折り合いをつけ、軽快にストライドを伸ばしていく。ラストは1馬身差まで迫るも、無理に追い付こうとはせずに馬なりでゴール。4F53秒8−39秒7−12秒9を計時して1週前の調整を終えた。

 鞍上は「最後くらいに馬体を並べるイメージ。予定通りです。先週より手応えも良く、楽に伸びました」と合格点を与える。ダービー馬の堂々とした立ち居振る舞いに「常歩から余裕がありますね。精神面でも成長を感じます」と目を細めた。

 動きを見届けた藤沢和師も上機嫌だ。「ここを目標に、早くから調整してきたからね。すこぶる順調だよ」。秋は神戸新聞杯→ジャパンCの2戦が既定路線だが、「ここでどれくらいの競馬をするかが大事。もちろん菊花賞の選択もあるでしょう」と指揮官は取材陣をけむにまく。先々を考えるよりも、まずは秋初戦に全力投球ということだろう。来週の最終追い切りには主戦のルメールが駆けつける予定。さらに上を目指し、万全の仕上げを施される。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP