一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
5回開催2週目。コースはBコースでの3週目。今週からの2週間はCコースに替わる。
引き続きコース全体に傷みがあり、特に3~4コーナーの内柵沿いで傷みが増えているとのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
好位~中団から確実に脚を伸ばせるタイプが有利。極端な追い込みも逃げも決まりにくかった。
血統ではミスプロ系の活躍が目立った。ロードカナロア産駒とアイルハヴアナザー産駒が2勝、ルーラーシップ産駒が2着4回。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
基本的に先行有利。逃げ馬は2歳未勝利でのみ2勝2着1回と活躍した。
血統では、土曜日はエーピーインディ系と米国系のミスプロ系が目立ったが、日曜日は一転してサンデー系が有利になった。


【京都芝】
5回開催2週目。コースはBコースでの2週目。今週からの2週間はCコースに替わる。
コース全体に傷みがあるとのこと。
馬場状態は土曜日の途中まで稍重だったが、特別戦以降は良馬場に回復した。日曜日は終日良馬場。時計は意外と速い。
ペースの緩いレースが多かったこともあるが、先行有利の傾向が強かった。コースは全体的に荒れているからか、内を通った馬が有利。
血統では、ノーザンダンサー系、キングマンボ系、サンデー系の三つ巴。

【京都ダート】
馬場状態は土曜日の途中まで稍重。以降は良馬場に回復した。
基本的に先行有利。土日を通じて勝ち馬は全頭が4コーナー4番手以内だった。
血統では、ヴァイスリージェント系を筆頭にノーザンダンサー系の活躍が目立った。


【福島芝】
3回開催2週目。コースはAコースでの2週目。今週はBコースに替わる。
先週の競馬による傷みは少なく、引き続き良好な状態を保っているとのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
先行馬が押し切り、2~3着に差し馬が突っ込んでくるパターンのレースが多かった。
血統では、土曜日は福島らしく多様なタイプの種牡馬が好結果を残していたが、日曜日はリーディング上位のサンデー系とキングマンボ系が中心だった。

【福島ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
基本的に先行有利だが、1700m戦ではマクれる馬なら道中は後ろにいても勝ち切れていた。
血統では、サンデー系がやや優勢。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP