一般ニュース & トピックス

【香港マイル】サトノアラジン最高潮 池江師「悔い残さないよう攻めた」

 ラストランに挑むサトノアラジン

 「香港マイル・香港G1」(10日、シャティン)

 引退レースを迎えるサトノアラジンは7日、「悔いを残さないように、攻めた」という池江師の言葉通り、芝コースをビッシリと追われて4F48秒8−22秒4の好時計。「ブリンカーを着けて集中力は出ていたし、最後までいい動き」と満足そう。

 ただ、外枠を希望していただけに4番ゲート(馬番も4番)は微妙なところか。「でも、自分で引いたから仕方ない。ボウマンと話したが、彼のイメージからすると4番でもいいかも」と気を取り直していた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP