一般ニュース & トピックス

【有馬記念】キタサンブラック有終&感動締めだ 坂路で軽快「言うことなし」

 栗東坂路に向かうキタサンブラック

 「有馬記念・G1」(24日、中山)

 昨年に続き、ファン投票第1位を獲得したキタサンブラックが、記録ずくめのVで締めくくる。得票率79・9%は昨年の79・0%を上回り、インターネット投票受付を実施した98年以降でトップ。勝てば史上最多タイとなるJRA・G1・7勝。獲得賞金もテイエムオペラオーを抜いてトップに躍り出る。今回がラストラン。ファンの支持に応え、有終の美を飾るか。

 さあ、いよいよラストラン。泣いても笑っても、キタサンブラックの勇姿を見られるのはこれで最後だ。今年もファン投票は堂々の第1位。有終Vへ向けて、陣営も仕上げに余念がない。

 ジャパンC3着後も順調な調整が続く。1週前には栗東CWで7Fから意欲的に95秒0−37秒7−12秒3。16日にもCWで6F86秒3−39秒0−11秒9をマークする熱の入れようだ。レースを1週間後に控えた17日早朝は、坂路を軽めに1本。清水久師は「何も言うことはないです。順調に来ています」とハキハキとした口調で出来の良さを伝えた。

 “祭り”が似合う同馬だが、これまでファン投票で選出されるグランプリレースは4戦して3、3、2、9着と意外にも未勝利となっている。有馬記念は今回が3度目の挑戦。菊花賞を制し、3歳で挑んだ15年は、古馬の厚い壁に阻まれて3着。充実期を迎え、リベンジを誓った昨年も、3歳馬サトノダイヤモンドの強襲に遭い2着に敗れた。

 「去年、一昨年と悔しい思いをしていますからね。何とか欲しいタイトルです」と話す指揮官は“三度目の正直”へ強い思いを口にする。「気分良くセレモニーへ向かいたいですね」。有終V&感動のフィナーレだけを思い描き、残された時間で全力を尽くす。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP