一般ニュース & トピックス

【京成杯】戸崎圭 重賞4連勝へ コズミックフォースに好感触「反応良かった」

 コズミックフォース(手前)は“乗れてる”戸崎圭が騎乗し好気配

 「愛知杯・G3」(13日、中京)

 史上初の3日連続重賞Vを飾り、18年最高のスタートを切った戸崎圭が、今週は初タッグとなるコズミックフォースで参戦する。美浦Wでの追い切りに騎乗し、好感触を得て態勢は整った。シンザン記念(アーモンドアイ)と同じ国枝厩舎とのコンビで、早くも今年4つ目となる重賞V獲りに視界良好だ。

 中山金杯、フェアリーS、シンザン記念の重賞3連勝を含む年明け3日間開催で8勝と最高の開幕ダッシュを決めた戸崎圭が、今週はコズミックフォースとのコンビで重賞4勝目に挑む。

 今回が初コンビとなる人馬は水曜、美浦Wで初めて息を合わせた。先行したミエノドリーマー(5歳1000万下)を0秒4追走する形で追い切りスタート。向正面で他厩舎の馬が2頭の間に入り3頭併せのような形になるが、折り合いはピタリ。直線で内へ潜り込むと、馬体をびっしり併せたまま馬なりで併入した。

 6F84秒6−39秒7−13秒3のタイムで追い切りを終えた戸崎圭は「まだ緩さはあるけど、全体的にしっかりしている馬ですね。乗りやすいです。道中もリラックスして走っていましたし、反応も良かったですね」と満足そうに初コンタクトを振り返った。

 同馬を送り出す国枝厩舎は、7日にJRA通算800勝達成を始め、戸崎圭とのコンビで制したシンザン記念のアーモンドアイを含む3勝と好発進。昨年、関東リーディングとなる48勝を挙げた勢いそのままに新年も突き進んでいる。

 国枝師は「順調に来ているし、追い切りの動きも良かったよ」とご満悦。初戦こそ3着に敗れたが「馬が競馬を良く分かっていなかっただけ」と敗因ははっきりしている。「初戦はゲートが良くなかったけど2戦目では変わってきたし、今回も良くなっていくと思うよ」と前進の手応えをつかむ。

 新年からノリノリの騎手と厩舎による強力タッグ。この勢いに乗らない手はない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP