一般ニュース & トピックス

【スプリングS】ステルヴィオ執念V ダノンプレミアム打倒へ手応え

 接戦を制したステルヴィオ(手前)

 「スプリングS・G2」(18日、中山)

 1番人気のステルヴィオが写真判定の末に、執念の重賞初Vを飾った。鼻差Vながら、成長を感じさせるレース運び。打倒ダノンプレミアムを掲げる本番の皐月賞(4月15日・中山)へ向けて、陣営は手応えをつかんだ。3番人気2着エポカドーロ、6番人気3着マイネルファンロンまでの上位3頭に本番の優先出走権が与えられる。

 鞍上が「負けたと思った」と振り返る、執念とも思える鼻差の勝利。昨秋の2戦はダノンプレミアムの引き立て役に甘んじてきたステルヴィオに、逆転の可能性が見えてきた。

 4角を回ったところでは6番手の外。坂を上り切ったところで、先に抜けだしたエポカドーロにはまだ2馬身差ほどあった。そこからの13完歩が執念。1完歩ごとに差を詰め、ゴール板ぴったりで間に合った。「すごくいい脚を使ったね。瞬発力はあるけど、昨年は少し緩かった。今年は良さそう。真っすぐポジションを取りに行ける」とルメール。手綱から伝わる感触にも、ひと皮むけたという手応えが残ったようだ。

 その言葉通り、道中の位置取りに進境が見えた。2歳王者に敗れた2戦は極端な後方待機からの差し遅れ。今回は五分に出て中団。向正面からやや押し上げていく余裕もあった。木村師も「今までより前で運べたね。朝日杯(FS)ではレースの流れに乗れていなかったから」とうなずく。好位からの横綱相撲を図るであろうライバルを、後ろから見る位置が取れるなら、違った結果が引き出せる可能性も見えてくる。

 上昇余地もたっぷり残る。タイムフライヤーなどとの兼ね合いもあり、本番も引き続き乗るのかは未確定だが、ルメールは「休み明けだったし、ここはメインターゲットじゃない。昨年からもっと距離が欲しいと思っていたし、もちろんあと200メートルも大丈夫」と言い切る。“ダノンプレミアム1強”で迎える牡馬第1冠。この勝利で、逆転候補の筆頭グループにいることを改めて証明したのは間違いない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP