一般ニュース & トピックス

【中山グランドJ】オジュウチョウサンが貫禄のレコードV

アップトゥデイト(右)を追って大生垣障害を飛越するオジュウチョウサン(左)=中山競馬場

 「中山グランドJ、J、G1」(14日、中山)

 強い、強い−。王者オジュウチョウサンが完璧な内容で防衛に成功。従来の記録を3秒6も縮めるコースレコードで圧倒した。

 出脚ひと息だったアップトゥデイトが二の脚を利かせてハナへ。道中マイネルクロップが競り込んでごちゃつくシーンもあったが、これに全く動じることなく、その直後を抜群の手応えで虎視たんたん。3コーナー手前でアップに並びかけると、そのまま馬なりで先頭へ。直線は差を広げるばかりだ。最後は大差(2秒4差)をつけ、4分43秒0のレコードタイムで、障害重賞9連勝(障害重賞9勝目は単独トップ)を決めた。同レース3連覇&自身の記録を更新する史上最多のJ・G15勝目。さらに障害レースの歴代賞金王に輝いた。

 記録ずくめの大一番を制し、石神深一騎手は「何とか勝てましたね。アップに離されないような競馬をしようと思っていたけど、その通りの競馬ができました。でも厳しい競馬でしたよ。それでも、もう少し我慢しようと思っていたけど、引っ張り切れない手応えで。3000メートル以上走ってきて、引っ張り切れないっていうのはすごいですよね。このまま無敗で行きたいです」と笑顔で相棒の強さをたたえた。2着に2番人気のアップトゥデイト、3着は3番人気のニホンピロバロンと堅い決着となった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP