一般ニュース & トピックス

【東京JS】林、泥だらけのラストライドは最下位「ホッとした」

 最後のレースを終え、雨の中を引き揚げる林

 「東京JS・JG3」(23日、東京)

 JRA史上初となる障害通算2000回騎乗を区切りに、引退を表明していた林満明騎手(51)=栗東・フリー=が23日の東京8R・東京ジャンプSのアスターサムソンで現役最終騎乗。最下位11着に敗れるも、「ホッとしました。関係者に恵まれてこれだけ数を乗せてもらった。うれしく思う」と笑顔でムチを置いた。

 人馬ともに泥だらけのラストライドだった。しんがりでもがく単勝1・9倍の1番人気馬にスタンドから温かい拍手が送られるのは、後にも先にもないだろう。勝ち馬から5秒1離れた最後方で、林は最後の仕事を終わらせた。

 本当は悲願のJ・G1(15年中山グランドJ&中山大障害制覇)を勝たせてくれたアップトゥデイトとの思い出が一番大切なのに決まっている。それでも責任感の強い男は「グリグリの本命をとばしてしまってすみません。思い出は…今のレースです」と謝罪した。

 JRA通算3610戦277勝(うち障害2000戦197勝、うちJ・G12勝を含む重賞15勝)。「これからも馬の跳ぶきれいな姿を見てもらいたい。障害レースを応援してあげてください」とファンにメッセージを残した大ベテランは今後、調教助手への転身を模索。今のところ空きがなく、当面は免許を返上せず、調教騎乗を続ける。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP