一般ニュース & トピックス

【地方競馬】クリノヒビキが初代王者に輝く

差し切り勝ちを決めたクリノヒビキ(手前)=撮影・立川洋一郎

 「園田オータムトロフィー」(13日、園田11R)

 3番人気のクリノヒビキが重賞初制覇で初代王者に輝いた。先に抜け出した4番人気のオータムヘイローを、ゴール前できっちり差し切った。1番人気のコーナスフロリダは伸びを欠いて3着に終わった。

 雪辱を果たした。クリノヒビキは最内枠から好スタートを切ったが、すぐに控えて3番手の好位で追走。向正面からコーナスフロリダ、オータムヘイローが先に動いたが我慢。満を持して4角で外に持ち出すと、直線一気に伸びて1着。新設重賞でうれしい初タイトルを手にした。 初コンビを組んだ赤岡修は「思い通りのレースができました。逃げて気を抜いているようだし、中団でためれば強烈な脚を見せているから、馬の後ろで追走して、砂をかぶらない外へ出せれば」と満足そうに振り返った。 管理する橋本明師にとっては区切りの300勝。「ジョッキーがうまく乗ってくれました。ここが目標だったので、今後はゆっくり考えます」と満面の笑みだった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP