一般ニュース & トピックス

【神戸新聞杯】メイショウテッコン 合格点 試金石の一戦へ力強い脚さばきを披露

 栗東CWを3頭併せで追われたメイショウテッコン(手前)

 「神戸新聞杯・G2」(23日、阪神)

 いざ、下克上へ−。メイショウテッコンは20日、栗東CWで3頭併せ。最先着を決め、好仕上がりをアピールした。オープン特別、重賞と連勝し、勢いに乗って臨む一戦。皐月賞馬、ダービー馬に対し、春から成長した姿を見せつける。

 臨戦態勢は整った。メイショウテッコンは、栗東CWで3頭併せ。前にギルマ(2歳未勝利)、後ろにスノードリーム(5歳1000万下)という隊列でスタート。直線で早々に前者をパスすると、あとは後者との競り合いに。ラストはゴーサインに瞬時に反応、力強い脚さばきを披露して、4F52秒7−38秒8−12秒6で貫禄の最先着を決めた。

 騎乗した中塚助手は「いい動きでした。先週ジョッキー騎乗で併せて、気合が乗る追い切りをした。週末にかけてテンションが上がっていたんですが、きょうは維持できていました。しまいまでしっかり走れていましたね」と納得の表情。高橋忠師も「スイッチの入りやすい馬なので、厩舎の助手を乗せてやりました。状態もいいし、いい感じですね」と合格点を与えた。

 力試しの一戦だ。前走後は春の実績馬の参戦を承知で、トライアルへの挑戦を決意。目標の菊花賞に向け、「今の時点で強い相手とどこまでやれるかですね。次につながる内容になれば。スタミナはあるし、そこをうまく生かしたい」と、師は試金石の一戦と位置づけている。

 オープン、重賞を連勝中。勢いや成長度ではメンバー屈指の存在だ。皐月賞馬、ダービー馬など世代の強豪に割って入り、その勢力図を塗り替えることができるか。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP