一般ニュース & トピックス

【オールカマー】エアアンセム 右肩上がりラスト1F12秒2 吉村師「予定通り」

 重賞連勝へ。栗東坂路で追い切るエアアンセム

 「オールカマー・G2」(23日、中山)

 昨年のダービー馬レイデオロが復帰戦を迎える。20日の最終追い切りは美浦Wで3頭併せ。久々を感じさせない動きで、臨戦態勢を整えた。今年に入り3、4着と連敗。きっちりと結果を残して、再び軌道に乗りたいところだ。函館記念を制したエアアンセムも、思惑通りの調整で重賞連勝をもくろむ。

 重賞連勝をもくろむエアアンセムは栗東坂路で単走。派手なアクションこそなかったものの、最初の1Fを14秒8で入ると、13秒6−12秒5。右肩上がりのラップで、ラスト1Fは12秒2(全体は4F53秒1)と切れた。

 「予定通りです。追えば動く馬だけど、先週併せ馬でしっかりと追ってあるので、馬なりで。いつも通りのいい動きでした」と、吉村師は思惑通りの内容に満足そうだ。

 2年前の秋、屈腱炎で約1年の休養を強いられた。新馬戦−ホープフルSと連勝した素質馬だが、デビューから27戦目の前走、函館記念でようやく重賞タイトルに手が届いた。トレーナーは「ここへきて気持ちが古馬らしくなり、体とかみ合ってきたよう」と目を細める。7歳の夏に得たタイトルは、陣営に大きな勇気を与えた。

 「前走後は当初からここを目標に。中山との相性がいいので。距離もこれぐらいまでなら大丈夫」と力を込める。コンビを組んで2戦2着2回の田辺は、17日の中山でセントライト記念Vを含む4勝をマーク。波に乗る鞍上との再コンビで、ベテランランナーが重賞連勝を決める。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP