一般ニュース & トピックス

【オールカマー】レイデオロ貫禄 神戸新聞杯から1年ぶり勝利

 ガッツポーズで喜ぶルメール(撮影・園田高夫)

 「オールカマー・G2」(23日、中山)

 最後に勝利を挙げた昨年の神戸新聞杯からちょうど1年。レイデオロがウイナーズサークルに帰ってきた。

 堂々たる勝ちっぷりだった。道中は慌てず中団を確保。4コーナーで前を射程に入れると、直線は内へ潜り込む。一完歩ずつ、力強いストライドで前との差を詰めると、先に抜け出していた皐月賞馬アルアインを首差とらえてVゴール。ダービー馬の貫禄を示した。

 ルメールは「いい気持ちでした。馬はリラックスして息も入った。4角から加速したね。ラスト100メートルは彼の能力を出してくれた」と相棒のさすがの走りに表情を緩ませた。

 それでも、鞍上が「きょうはトライアル。まだ100%じゃない。コンディションはもっと良くなる。メインターゲットはG1」と言えば、藤沢和師も「追い切りではまだ気合が乗っていなかった。もっと良くなる」と、そろってさらなる上積みを強調する。

 次走は天皇賞・秋かジャパンC(11月25日・東京)か−。トレーナーは「まだ分からない」と明言を避けたが、いずれにしても主役として臨むことになる。最高のスタートを切ったダービー馬が、古馬の王道を突き進む。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP