WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

山田が“再出発星” 目を潤ませる場面も 距離誤認で騎乗停止処分明け初勝利

 ペイシャボムで復帰後初勝利を挙げ、大勢のファンにサインする山田騎手

 JRAでは史上初となる距離誤認により、3カ月の騎乗停止処分を受けた山田敬士騎手(21)=美浦・小桧山=が、10日の東京7Rをペイシャボムで制し、1月14日の復帰後うれしい初勝利となった。

 処分を受けたときと同じオーナーの馬での勝利に、山田は「こういう状態で乗せてもらっているので、一つ一つ大切に乗ろうと思っていました。まずはオーナーに『ありがとうございます』と伝えたい」と目を潤ませた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP