一般ニュース & トピックス

【スプリングS】エメラルファイト皐月切符 “師弟の絆”で低評価はね返した!

 ファンタジスト(手前)の猛追を振り切ったエメラルファイト(左)

 「スプリングS・G2」(17日、中山)

 10番人気の低評価もなんの!エメラルファイトが鞍上の石川に導かれ、ライバル勢を力強く撃破。重賞初制覇を決めるとともに、皐月賞(4月14日・中山)の優先出走権を手に入れた。頭差の2着に1番人気のファンタジスト、3着にはディキシーナイトが続いた。

 恩師の期待に応えるためにも、このチャンスは逃せない−。トライアルらしくゴール前大激戦となった一戦。必死の形相で追う石川とエメラルファイトのコンビが、横一線の攻防からしぶとく抜け出してタイトルを奪取。引き揚げてきた石川は感情を爆発させ、人目をはばからず雄たけびを上げた。

 好スタートを決め、道中は中団で折り合う。「フルゲートなので、周りを見渡せるポジションを取って、どうさばくかを考えていた」。勝負どころの3コーナーからスムーズに外へ持ち出すと、直線入り口から進出を開始。「坂で馬もこたえたけど、内と後ろから来られたら踏ん張ってくれた」と相棒の奮闘に感謝した。

 まな弟子から贈られた重賞Vというプレゼント。相沢師は「声が出たよ。これで負けたらクビだった」とジョークを交え、「理想通りの展開。しまいもしっかり伸びたしね。裕紀人(石川)との重賞制覇が何よりうれしい。今年は年男で、2人で重賞を勝つという夢を正月に立てていたんだ。その夢がかなったね」と喜んだ。

 もちろん、夢はここからが始まりだ。この勝利で皐月賞の優先出走権を獲得。指揮官は「このまま在厩させて本番へ。同じコースで勝てたし、距離も大丈夫。あとは無事に行ってくれればね。G1制覇を2人で成し遂げられれば最高だね」。G1というさらなる極みを目指し、強力な絆で結ばれた師弟の二人三脚は、まだまだ続く。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP