一般ニュース & トピックス

【阪神大賞典】シャケトラ重賞連勝 角居師はJRA通算700勝を達成

 ライバルを突き放したシャケトラ=撮影・石湯恒介

 「阪神大賞典・G2」(17日、阪神)

 力が違うといわんばかりだ。シャケトラが大舞台へつながる重賞連勝。2着馬に5馬身差をつける大楽勝だった。

 距離克服のため、道中は折り合いに専念して後方で脚をためると、残り800メートルでスパートして一気に2番手へ。楽な手応えのまま直線半ばで先頭に立つと、そこからは独壇場。最後は流すようにゴールした。初コンビの戸崎圭は「強かった。一度、追い切りにも乗せてもらっていて、自信を持って乗れました。折り合いもスムーズで直線も手応え十分。しっかりと伸びた」と満足そうに振り返った。

 鞍上自身も3000メートル以上の距離では初勝利となり「不安だったけど勝ってくれた。天皇賞・春(4月28日・京都)でも、と思う」と価値ある1勝に笑顔をのぞかせた。

 角居師はJRA通算700勝を達成。「距離も未知数なのでどれぐらいガムシャラになるのかと思ったけど。速いペースに惑わされず、遅いペースにも我慢できていた。上手に競馬してくれました」と人馬をたたえる。

 左前肢骨折から復帰して1年1カ月ぶりだった前走のAJCCを制しての重賞連勝に「オーナーに我慢してもらえた。期待していた馬ですから。天皇賞・春にいい形で迎えるようにここを使ったので勝てて良かった」と指揮官は胸をなで下ろした。

 故障も距離も乗り越え、完全復活。02年マンハッタンカフェとの父子制覇へ−。平成最後の天皇賞・春の主役へと躍り出た。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP