一般ニュース & トピックス

【ドバイWCデー諸競走】アーモンドアイ美浦Wで国内最終調整 国枝師「順調」

 笑顔で握手するシルクレーシングの米本昌史代表(右)と国枝栄調教師

 「ドバイWCデー諸競走」(30日、メイダン)

 ドバイターフ(芝1800メートル)に出走するアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝)が17日、国内での最終調整を行い、美浦Wを4F56秒2で駆け抜けた。

 国枝師は「(早朝で)暗くて気を使っている感じはあったが、良かったですよ。出国検疫(厩舎)で場所や雰囲気が違うから、ナーバスになるところはあるが、まだレースまでに時間はある。順調に調教できているし、おおむねいいんじゃないかな」とうなずいた。20日にドバイへ向けて出国する。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP