一般ニュース & トピックス

【高松宮記念】ダノンスマッシュ、一気G1初Vへ 重賞連勝中グイグイ成長中

重賞連勝中のダノンスマッシュ

 「高松宮記念・G1」(24日、中京)

 春の中京名物G1・電撃の6F戦が行われる。重賞連勝と勢いに乗るダノンスマッシュ、オーシャンSを圧倒的なスピードで押し切ったモズスーパーフレアなど、今年も快速自慢がズラリと集結。激戦は必至だ。

 昨年のスプリントG1を連勝したファインニードルが引退して、断然の主役不在となった短距離路線。その座を狙う若きスプリンターが登場した。京阪杯、シルクロードSと重賞連勝中の4歳馬ダノンスマッシュだ。

 特に前走の勝ちっぷりは他馬とは一線を画す力の違いを見せた。直線で行き場を失ったが、冷静に外に持ち出すとあっさり抜け出した。安田隆師は「正味、競馬したのはラスト1Fだけ。普通なら負けパターン。並んで抜け出す時の脚が素晴らしかった」と振り返り「G1を狙える器だと思いましたね」と確かな手応えをつかんだ。

 父のロードカナロアも手掛けた岩本助手は「経験をしていく中で、しっかりと吸収していく。学習能力が高いところは似ている」とイメージを重ねる。一戦ごとにパフォーマンスがグングンと上昇。「京阪杯のころから、トモの入りがすごく良くなった」と目を見張るように、優れた成長力も見逃せない。

 「この時期の父と比べても遠くはないと思う。今回はチャンスだと思うし、取り逃したくない」と同助手はG1初Vを意識する。父は7年前に同じく京阪杯、シルクロードSを連勝して臨んだが3着敗退。翌年に雪辱を果たした。父を超えて一気に頂点へ。そして同時に、父子制覇の偉業もかなえる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP