一般ニュース & トピックス

リッジマンは天皇賞・春へ

 「有力馬次走報」(19日)

 ◆阪神大賞典6着のリッジマン(牡6歳、栗東・庄野)は天皇賞・春(4月28日・京都、芝3200メートル)へ向かう。9着ステイインシアトル(牡8歳、栗東・池江)は新潟大賞典(4月29日・新潟、芝2000メートル)へ。10着コルコバード(牝6歳、美浦・木村)は近日中に競走馬登録を抹消し、繁殖入りする。

 ◆チャンピオンズC2着のウェスタールンド(セン7歳、栗東・佐々木)は、北村友との再コンビでアンタレスS(4月14日・阪神、ダート1800メートル)を目指す。

 ◆中山牝馬Sで重賞初制覇を果たしたフロンテアクイーン(牝6歳、美浦・国枝)は、ヴィクトリアマイル(5月12日・東京、芝1600メートル)に直行する。6着クロコスミア(牝6歳、栗東・西浦)は、引き続き岩田で阪神牝馬S(4月6日・阪神、芝1600メートル)に向かう。

 ◆名古屋大賞典を制したグリム(牡4歳、栗東・野中)はアンタレスSへ。僚馬でフェブラリーSの覇者インティ(牡5歳)は来週、帰厩予定。かしわ記念(5月6日・船橋、ダート1600メートル)から帝王賞(6月26日・大井、ダート2000メートル)のローテが濃厚。クインズサターン(牡6歳)はオアシスS(4月20日・東京、ダート1600メートル)へ。

 ◆千葉S12着のラブバレット(牡8歳、美浦・加藤和)は、京葉S(4月14日・中山、ダート1200メートル)か東京スプリント(4月10日・大井、ダート1200メートル)の両にらみ。なにわSを逃げ切ったヒロシゲゴールド(牡4歳、栗東・北出)は東京スプリントに登録。除外の場合は京葉Sか、天王山S(4月29日・京都、ダート1200メートル)に回る。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP