一般ニュース & トピックス

【高松宮記念】ショウナンアンセム、千二で覚醒 3年3カ月ぶり短距離戦で刺激

 久々の短距離戦を使って眠りから覚めた感があるショウナンアンセム

 「高松宮記念・G1」(24日、中京)

 ショウナンアンセムが長い眠りから覚醒だ−。前走のオーシャンSでは3年3カ月ぶりにスプリント戦に出走し、13番人気ながら5着と奮闘。久々に体感した“激流”に刺激を受けたのか、この中間も元気いっぱいに調整されている。左回りも歓迎となれば、初めて立つ大一番の舞台に陣営の期待は高まるばかり。一発を狙える。

 前走でマイルから短距離路線へ舵(かじ)を切ったショウナンアンセムは、15年12月の初勝利以来3年3カ月ぶりの6F戦で5着と上々の結果を出した。しかもこれまでの逃げにはこだわらず、好位に控えて踏ん張っただけに内容も濃い。

 田中剛師も「もっともたつくかと思ったんですけど、馬なりで追走できる場面もあったし、距離短縮がいい方に出ましたね」と満足そうに振り返った。その上で「控える形でも対応できたし、脚質の幅も広がった。6F戦のトップスピードを実戦で体感したことは、いい経験になったと思います」と高く評価する。

 昨年3月の中山で1000万下を勝ち上がると、6月の東京では道悪を味方に準オープン、オープンと連勝。ジャングルポケット産駒らしい、左回り巧者ぶりを発揮した。その後は苦戦が続いていたが、前走で当初予定していたマイルの東風Sから、オーシャンSへの変更が吉と出た格好だ。

 今年4戦目で中2週の強行軍になるが、トレーナーは「馬はフレッシュで、元気はいいです。左回りの方が合うし、直線が長くなるのもいい。これでひと雨降って道悪になってくれたら、もっといいですね」と笑顔。久々に短距離の“激流”を経験したことが起爆剤となれば、前走以上の快走があっても驚けない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP