一般ニュース & トピックス

【ドバイSC】スワーヴリチャード 逆襲への加速 青写真通りの調整でタイ獲る

 メイダンの芝をゆったりと駆けるスワーヴリチャード

 「ドバイシーマクラシック・UAE・G1」(30日、メイダン)

 夜明け前のメイダン競馬場の芝コースに26日、カクテル光線に照らされたスワーヴリチャードが姿を現した。向正面を17−17程度のキャンターで抜けて、ゆったりと3コーナーへ。ペースをじっと抑えて直線に向いても、手綱に従って加速を待った。ようやく力を解き放たれたのが1Fを過ぎたあたり。肩を柔らかく伸ばしてスピードを上げ、ゴールを過ぎてもしばらく緩めなかった。

 3F55秒6−14秒6。庄野師は「しまい1Fだけ伸ばした感じ。前回、1回使わせてもらっているし、出国前にも1本やってきた。追い切り自体はきょうが最後でいいかと思っている。ほぼできているから、あとはスイッチを入れるだけでいいのかな」と青写真通りの調整に明るい表情を浮かべた。

 21日の現地到着から2日ほどは検疫厩舎に入ってカイ食いが少し落ちたと言うが、それ以降は馬場入りができるようになってから回復したという。「環境にも慣れて落ち着いてきたね。今は一心不乱に食べているよ」とトレーナーは順調さを強調する。

 この日の計量で馬体重は521キロ。前走の中山記念を少し下回るくらいだ。「数字的にもこれをキープできたらいい。体調は上向いているよ」と仕上がりに不安はない。28日にスクーリング、29日にモレイラが騎乗して最終的な微調整を予定している。

 初のG1タイトルを手に入れた昨年の大阪杯からちょうど1年。シーマクラシックを逆襲の起点とする態勢は着々と整いつつある。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP