一般ニュース & トピックス

【皐月賞】1番人気のサートゥルナーリアが、4戦4勝で皐月賞馬に

 ヴェロックスとのたたき合いの末、皐月賞を制したサートゥルナーリア(右)

 「皐月賞・G1」(14日、中山)

 単勝1・7倍の断トツ人気に応え、4戦4勝でサートゥルナーリアが牡馬クラシック1冠目をもぎ取った。

 好スタートからすんなりと好位6、7番手を追走。4角手前では馬なりのまま先行集団に取り付くと、楽な感じで急坂を駆け上がる。最後は内から伸びてきたヴェロックスとの競り合いとなったが、これを頭差抑え、1分58秒1の好タイムで、2005年ディープインパクト以来、14年ぶりに無敗の皐月賞馬となった。年明け初戦&前走から中106日での皐月賞Vは史上初めてとなった。

 ヴェロックスと馬体が接触したゴール前の出来事が長い審議の対象となったが、初コンビで史上9人目のクラシック完全制覇を成し遂げたクリストフ・ルメール騎手は「直線はスタンドを気にして少し内にモタれてしまった。でも、すぐに反応してくれた。調教でもいい動きだったし、自信を持って乗った。きょうは休み明け。ダービーではトップコンディションになるでしょう」と、早くも競馬の祭典・2冠目に視線を向けた。

 2着に4番人気のヴェロックス、内をすくった3番人気のダノンキングリーが3着。2歳王者アドマイヤマーズは4着だった。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP