一般ニュース & トピックス

【マイラーズC】モズアスコット復活だ 好調ルメールJRA通算1000勝照準

 昨秋の雪辱に燃えるモズアスコット

 「マイラーズC・G2」(21日、京都)

 まさに今、我が世の春を謳歌(おうか)しているクリストフ・ルメール騎手(39)=栗東・フリー=が、また一つ大きな区切りを迎えようとしている。史上34人目となる、JRA通算1000勝まで、あと4勝。しかも現在、G1・3連勝中(ドバイターフ=アーモンドアイ、桜花賞=グランアレグリア、皐月賞=サートゥルナーリア)と波にも乗っており、今週での達成は十分に可能だろう。

 一つの大きな区切りを目前に、ルメールは感慨深そうだ。「今週取りたいね。ペースとしては速いと思う。フランスでは1200勝くらいかな(実際は1120勝)。こっちで1000勝するとは」と言いながらほほ笑みを浮かべた。JRA所属となった15年3月から、約4年間で751勝の荒稼ぎ。今のペースなら、年内にはフランスでの通算勝利数を上回ることも難しくない。

 日曜・京都メインのマイラーズCで騎乗するモズアスコットも、勝ち鞍を増やすチャンスのある一頭だ。「香港(香港マイル7着)は伸びなかったけど、マイルCS(1番人気=13着)は不利があったからね。(追い切りに乗っていないため)コンディションは分からないけど、安田記念を勝っている馬。東京で勝っているのだから力はあるよ」と、昨春のマイル王に輝いた底力を信頼する。

 来週の天皇賞・春が菊花賞馬フィエールマン、NHKマイルCが桜花賞馬グランアレグリア。これからのG1シリーズでも楽しみが広がるばかりだ。その先には「皐月賞がいい経験になった。距離も大丈夫そうだからね」と、サートゥルナーリアで2冠に挑むダービーも待つ。

 まさしく“ルメールの春”−。G1の谷間の週に、JRA区切りの通算1000勝を決めて、名手はさらに勢いを加速させていく。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP