一般ニュース & トピックス

【オークス】ラヴズオンリーユー「楽走」無敗の女王誕生へ充実一途

 無敗のオークス馬を目指し、栗東坂路を駆け上がるラヴズオンリーユー(撮影・佐藤厚)

 「オークス・G1」(19日、東京)

 上昇一途だ。3戦3勝で忘れな草賞を制したラヴズオンリーユーは15日、栗東坂路を余裕の手応えで駆け上がった。矢作師も仕上がりに自信満々。無敗の女王誕生へ態勢は盤石だ。フラワーCの覇者コントラチェックは美浦W、桜花賞3着クロノジェネシスは栗東CWで、それぞれ軽快な動きを披露し、好調をアピールした。

 無敗の牝馬が上昇一途だ。ラヴズオンリーユーは栗東坂路で単走追い。坂井(レースはM・デムーロ)を背に余裕の手応えで駆け上がると、4F54秒7−40秒2−12秒8をマークした。矢作師は「馬なりというよりも、楽走という感じ。非常に充実している。G1は上積みがなければ勝負できないと思うし、かなり上積みが大きい」と仕上がりの良さに自信を見せた。

 3戦3勝で樫の舞台を迎える。4カ月半ぶりとなった前走の忘れな草賞も楽勝だった。3馬身差Vに「まだ本調子じゃないと思っていた。6とか7とか、それぐらいの感じ。それでも勝てると思っていたけど、期待通りのレースをしてくれた」とうなずく。

 全兄が16年ドバイターフの覇者リアルスティールという良血だ。「きちんと歩けないのは似ているけど、筋肉の柔らかさや質はリアルスティールより上ではないかと思う」と比較する。兄は皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞2着と、クラシックで惜敗しただけに、「大きな夢を持たせてくれる馬。先々に夢がつながるレースをしてほしい」と、兄超えのクラシックVを期待した。

 鞍上のM・デムーロも、その性能にホレ込む一人だ。前走に続き1週前追い切りに騎乗し、「大人になっているし、反応が速い。背中が柔らかくて跳びがきれい。賢い馬だし、距離も大丈夫」と手応えをつかむ。「前走みたいに自信がある。オークスを勝ったことがないので、本当に勝ちたい」。相当な決意で史上10人目のクラシック完全制覇を狙う。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP