WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【宝塚記念】キセキ究極仕上げ “善戦マン”返上へ順調ぶりをアピール

 栗東CWで追い切るキセキ

 「宝塚記念・G1」(23日、阪神)

 17年菊花賞以来1年8カ月ぶりの勝利に向けて、キセキが12日、栗東CWで順調ぶりをアピールした。単走で5F65秒9−37秒3−11秒6とシャープな反応。辻野助手は「1週前追い切りなのでしっかりと負荷をかける目的で。しまいもしっかりと動かせた。余裕のある体つきなので、このひと追いで締まりが出れば」と満足げだった

 昨秋は天皇賞・秋3着、ジャパンC2着、有馬記念5着。今年初戦の大阪杯も2着とG1で惜敗が続く。「落ち着いて指示に従えるようになった。昨年の宝塚記念(8着)の時とは違う。結果が欲しい」と意欲を見せる。残り1週。“善戦マン”返上へ、究極の仕上げを施す。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP