一般ニュース & トピックス

【ユニコーンS】デュープロセス軽快リハ 安田隆師胸張る仕上がり「状態はいい」

 栗東坂路を軽快に駆け上がったデュープロセス

 「ユニコーンS・G3」(16日、東京)

 4連勝中のデュープロセスが12日、栗東坂路で軽快な動きを披露。仕上がりの良さをアピールした。勢いに乗って重賞初制覇はもちろん、父ダイワメジャーに産駒として初のJRAダート重賞タイトルをプレゼントする。

 息を整えた程度。先週の段階でしっかりと態勢は整えてある。5連勝で重賞初制覇を狙うデュープロセスの最終デモは、栗東坂路を単走でゆったりと進め、馬なりで4F58秒6−41秒5−12秒0と軽快に締めくくった。

 安田隆師は「先週、CWを併せ馬でびっしりと追ってありますので、セーブしての追い切り。全体の時計は遅いですが、しまいの動きはしっかりとしていましたし、息の入りもいい。状態はいいです」と仕上がりに胸を張った。

 デビューから5戦4勝、2着1回。新馬戦こそ首差で敗れたが、その後は4連勝。2走前の昇竜Sは、これまでになかった後方からの競馬で差し切ると、前走の青竜Sは外枠から果敢に位置を取りに行くと、力でねじ伏せた。「自在性のあるところがセールスポイント。東京も3走目ですし、条件的な不安はありませんから」と意気込みをのぞかせた。

 ダイワメジャー産駒はJRA重賞で34勝を挙げているが、いずれも芝で、ダートではタイトルを手にしていない。昨年に同レースをルヴァンスレーヴで制したM・デムーロを背に、父へ初の砂の勲章をもたらす。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP