WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

地方競馬にも余波!禁止薬物で帯広、金沢でも競走除外ラッシュ

大量の競走除外馬が出たことを知らせる看板=阪神競馬場(撮影・石湯恒介)

 禁止薬物の騒動は地方競馬にも及んだ。NAR(地方競馬全国協会)も15日、一部厩舎にテオブロミンが含まれたグリーンカルが納品されていたことを発表。競馬の公正を確保するため、15、16日に出走予定だった帯広競馬の5頭、16日の金沢競馬の20頭は競走除外となった。

 なお、15、16日に開催される水沢、高知、佐賀で出走する厩舎への納品はないことから、競走除外措置は行われない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP