一般ニュース & トピックス

東西トレセンでは定番サプリメントから禁止薬物「どうJRAが後始末をつけるのか」

 頭を下げるJRA職員=阪神競馬場

 前代未聞のハプニングだ。JRAは15日、土日の東京、阪神、函館競馬の出走予定馬に、禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性があると判明したため、該当する156頭を競走除外とした。これにより日曜函館メインの函館スプリントSでは有力馬ダノンスマッシュなど6頭がゲートインできず、13→7頭立てに。JRA史に残る大混乱を招くこととなった。

 土日で156頭が競走除外という、過去に例を見ないハプニングとなった。JRAによると、14日の午後4時頃、複数の調教師から「納品された飼料“グリーンカル”から禁止薬物が含まれているという検査結果が出たため、業者から回収を求められている」という一報を受けたのが発端。競走馬理化学研究所が検査したところ、禁止薬物「テオブロミン」が検出された。

 グリーンカルとはビタミン・ミネラル強化をうたう競走馬用カルシウム剤。畜産飼料事業を手掛ける日本農産工業(株)の子会社ニッチク薬品工業(株)が製造し、競走馬理化学研究所による検査を経て、主にJRAファシリティーズ(株)など4社が販売している。

 少なくとも20〜30年前から使用されているとされ、東西トレセンでは定番のサプリメントとして流通していた。日本農産工業(株)の担当者は「現時点では原因を特定できておらず、分かり次第報告します」と説明。現在は販売を停止しており、在庫品の全量回収を進めているという。

 某調教師は「安全だというお墨付きがあるから使っているのに、これはどういうことか。どうJRAが後始末をつけるのか見もの」と怒りあらわ。一刻も早い原因究明が求められる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP