一般ニュース & トピックス

キングカメハメハ種牡馬を引退 近年は免疫機能が低下…当歳がラストクロップに

 2004年5月30日、ハーツクライ(奥)とのたたき合いを制して優勝したキングカメハメハ(手前)

 体調不良により今年の種付けを中止していたキングカメハメハ(牡18歳)が9日、種牡馬を引退することが分かった。北海道安平町の社台スタリオンステーションにけい養されており、昨年は約100頭に種付けして、今年誕生の当歳がラストクロップになる。

 社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「11年からさまざまな疾病があり、途中種付けを休んだりしていたが、近年は免疫機能が低下し、感染症や熱発することが増えていた。今後はうちで余生を静かに送らせたいと思います」と話した。

 昨年は一日1頭に制限し約100頭に種付け。受胎能力が優れていることから1回の種付けでの受胎馬が多かったという。今年は60頭近い産駒が誕生したとみられる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP