WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【セントライト記念】ニシノデイジー完全復活だ ダービー5着後は休養、体調万全

 実績でリードするニシノデイジー

 「セントライト記念・G2」(16日、中山)

 ダービー5着で再浮上のきっかけをつかんだニシノデイジーが、悲願のG1獲りへ、ここから始動する。

 札幌2歳S、東スポ杯2歳Sと重賞2勝を挙げた2歳時から一転、今年は苦戦が続いた。1番人気に支持された弥生賞では重馬場に苦しみ4着。続く皐月賞もチグハグなレース運びで、まさかの17着に大敗。信じられない結果に、陣営も首をひねるしかなかった。

 不安を抱えたまま迎えたダービー。18頭立て13番人気と評価は急落した。それでも、初めて着用したメンコの効果で持ち前のしぶとさが復活。断然の1番人気サートゥルナーリアとタイム差なしの5着に食い込み、改めて能力の高さを示した。

 夏場は休養に充てて、8月中旬から時計を出し始めた。美浦Pでの1週前追い切りは、単走で5F63秒8−11秒7と鋭い動きを披露した。高木師は「いい感じで動いています。レースは折り合いに専念して、しまいを伸ばす形で。それなりに格好はつけないといけないね」と前哨戦を見据えた。

 祖母ニシノミライの父は、98年菊花賞を3馬身半差で逃げ切ったセイウンスカイ。希代の快速馬の血脈を受け継ぐハービンジャー産駒が、3つ目のタイトルを手にして堂々と西下する。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP