WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【2歳馬格付けチェック】サリオス&リアアメリア 新馬戦のスケール感十分

直線で豪脚を繰り出し快勝したサリオス

 今週から新企画がスタート。「Road to Classic」をコンセプトに、来春のダービーまで、現2歳世代を独断で格付け。ランキング形式でお届けする。まだまだ粗削りの状況だけに、初回は実績以上に“スケール感”を最重要視。賛否はあるだろうが、温かく見守っていただければ幸いだ。なお、格付けランキングは基本的に、隔週水曜日に掲載します。次回掲載は25日。

 初回の牡牝トップには、この世代のオープニングを華々しく飾ったサリオスとリアアメリアを指名した。まずは牡馬のサリオス。1番人気は藤沢和厩舎の評判馬アブソルティスモに譲るも、そのライバルを子ども扱い。数字や見た目以上にインパクトは大きかった。

 牝馬のリアアメリアは、出遅れた上に、道中では若さを見せながらも、終わってみれば馬なりのまま8馬身差の大楽勝。場内から自然とわき上がったファンのどよめきこそが、スター候補への期待の表れだろう。ともに次戦が待ち遠しい。

 今週の野路菊Sには、牡馬4位のマイラプソディが登場。初戦で負かした同5位ブルーミングスカイが、次戦で後続に7馬身差をつける圧勝劇。その比較からも、素材の良さは間違いなし。ランクアップに注目が集まる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP